2020年06月01日 17:30 掲載

鉄道他 JR東日本が首都圏12線区の列車混雑情報の追加提供を開始。

JR東日本は、同社Webサイトとスマートフォン用アプリ「JR東日本アプリ」にて、首都圏の主な線区の車内混雑状況の情報提供を開始した。時差通勤等で混雑を回避する参考となりそうだ。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

対象は12線区13区間。過去約1週間の混雑状況を提供

 JR東日本は、利用者が混雑状況を把握できるサービスに、522日から新たに首都圏の主な線区(12線区、13区間)を追加した。

JR東日本は、新たに12線区13区間の過去約1週間の混雑状況を提供開始した。

出典:東日本旅客鉄道株式会社

 新たに提供されるのは、過去約1週間の車内混雑状況の集計で、平日と休日に分けて始発から終電まで、30分単位の平均値が色分けされたマル印5段階で表示される。データは毎週更新予定とのことだ。リアルタイム配信ではないものの、乗車しようとする電車の混雑状況の参考に使えそうだ。

【JR東日本 車内混雑情報提供線区・区間(12線区・13区間)】

情報提供線区/区間
東海道線/川崎~品川
横須賀線/武蔵小杉~西大井
総武線各駅停車/錦糸町~両国
中央線(快速)/中野~新宿
中央線各駅停車/代々木~千駄ヶ谷
京浜東北線/川口~赤羽、大井町~品川
常磐線(快速)/松戸~北千住
常磐線各駅停車/亀有~綾瀬
総武線(快速)新小岩~錦糸町
宇都宮線・高崎線/浦和~赤羽
埼京線/板橋~池袋
京葉線/葛西臨海公園~新木場

※ 特急列車・普通列車のグリーン車の混雑状況は含まれない

 情報はJR東日本Webサイト、もしくはスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」にて確認可能。利用方法については、それぞれ以下の通りだ。

【JR東日本Webサイト】
①トップページのメニュー「列車混雑状況」を選択
JR東日本Webサイトのトップページから「列車混雑状況」を選択する。

出典:東日本旅客鉄道株式会社

②専用ページから路線・区間を選択
JR東日本Webサイト専用ページから路線・区間を選択する。

出典:東日本旅客鉄道株式会社


③選択した路線・区間の情報がPDFで表示される

【JR東日本アプリ】
①トップページの下にあるメニュー「もっと見る」>「列車混雑状況」を選択
②専用ページから路線・区間を選択
JR東日本アプリでも列車混雑状況の確認が可能だ。

出典:東日本旅客鉄道株式会社

③選択した路線・区間の情報がPDFで表示される

山手線の混雑状況はリアルタイムで配信

同アプリでは、山手線の混雑状況もリアルタイムで配信されている。

出典:東日本旅客鉄道株式会社

 なお、同スマートフォンアプリでは、山手線の混雑状況については、リアルタイムで配信している。利用方法は、アプリ画面の下部にあるメニューから「列車走行位置」を選択して路線名に「山手線」と入力。タップして表示された走行状況から、知りたい電車のアイコンを選択すると情報確認ができる。混雑状況は、こちらも5段階で色分けしてアイコン表示されている。
 

 525日に全国で緊急事態宣言が解除され、電車通勤者の数は再び増えていくことが予想される。新型コロナウイルス感染症予防として導入されている時差通勤などを行う人にとって、事前に混雑状況の情報を得られるサービスは、密を避けるために役立ちそうだ。

ライターお勧めの関連記事はこちら