2022年01月19日 19:00 掲載

交通安全・防災 雪道での大量立ち往生を防ぐため、国交省が大型車の雪道対策を公開。

大雪の影響で高速道路の通行止めや立ち往生が発生している。大量の車が立ち往生する要因として、大型車が最初のきっかけになることも多く、大型車ドライバーの雪の備えへの責任は大きい。このため国交省は、大雪時の大型車立ち往生防止対策として、冬用タイヤとチェーン装着についてのパンフレットを公開した。立ち往生しやすい大型車のタイプも説明。該当車輌は要注意だ。タイヤの選び方やチェーンの効果などがまとめられており、乗用車ドライバーにも役立つ内容なので紹介しよう。

くるくら編集部 会田 香菜子

立ち往生しやすい大型車には特徴がある

降雪時の立ち往生イメージ

降雪時の立ち往生イメージ © Lubo Ivanko - stock.adobe.com

 22年の年明けは、昨年末に引き続き強い寒気の影響で大寒波来襲とともに始まった。数年に一度の大寒波ともいわれており、1月6日から7日にかけては都内でも10センチを超える積雪を記録した。今後も、大雪の影響は各交通機関に影響を与えそうだ。NEXCOや高速道路各社では、高速道路での立ち往生や通行止めを防ぐため、チェーン装着など雪への備えを呼びかけている。

 国交省では、昨年12月、大型車を対象としたパンフレットを公開し、大型車の立ち往生による交通渋滞や通行止めが発ししないよう、積雪・凍結路では適切な冬装備が必須であることを喚起した。ちなみに同省によると、立ち往生が発生しやすい大型車両には、以下の4つの特徴があるという。該当する車両では、特に積雪への注意が必要だ。

【立ち往生が発生しやすい車両の特徴】

<一軸駆動車(※)>

一軸駆動車は、二軸駆動車に比べて駆動軸が空転しやすい

出典=国交省

二軸駆動車に比べて駆動軸が空転しやすい。

※ 駆動輪である後輪の軸数が1つである車両のこと。高速道路を利用した長距離移動で牽引に用いられることが多い。

<連結車>

連結車は、トレーラー付近の積雪により走行抵抗が増大する

出典=国交省

トレーラー付近の積雪により走行抵抗が増大する。

<空荷状態>

空荷状態時には、駆動軸に十分な荷重がかからず発進性能が低下する

出典=国交省

駆動軸に十分な荷重がかからず、発進性能が低下する。

<年式の古い車両>

年式の古い車両は、トラクションコントロール等の機能が搭載されていない

出典=国交省

トラクションコントロール(※)等の機能が搭載されていない。

※発進時等に駆動輪の回転を制御し、空転を低減する装置のこと

ライターお勧めの関連記事はこちら