2020年07月17日 17:20 掲載

交通安全・防災 現行車種の安全性能がわかる! JNCAP得点一覧。ダイハツ・三菱・レクサス・輸入車編

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が、毎年実施している新車の安全性能評価試験JNCAP(自動車アセスメント)。ここでは現行車種の試験結果を一覧にして掲載する。ここでは、ダイハツ、三菱、レクサス、そして輸入車の計29車種を取り上げる。

神林 良輔

ダイハツの安全運転支援システム「スマートアシスト」を搭載した小型クロスオーバーSUV「ロッキー」。その歩行者や車両をセンサーが検知しているイメージ。

ダイハツ「ロッキー」のセンサー(スマートアシスト)が、歩行者や車両を検知しているイメージ。

 JNCAPの2種類ある安全性能評価試験のうち、衝突安全性能評価に関しては、2011年度から2017年度までは208点満点として、ほぼ同一の試験内容と得点算出方法によって評価が行われてきた。そこで今回は現行車種のうち、2011年度以降に評価試験を受けた車種を取り上げた。なお試験内容の変更はないが、2018年度からは得点の算出方法が大きく変更となり、100点満点となった。また衝突安全性能は、その得点によって得られる★の数でも評価が表される。最高評価は★が5つの「ファイブスター賞」だ。

 一方、予防安全性能評価試験は、2014年度に対車両の衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱警報の2項目・40点満点でスタート。毎年新たな試験項目が追加され、6年目となる2019年度は141点満点だった。予防安全性能評価は、その得点によってASV(※1)としての評価が与えられる。2014年度・2015年度は最高ASV+まで、2016年度からは最高ASV++(ダブルプラス)までの2段階となり、2018年度からはASV+++(トリプルプラス)までの3段階評価となった。

※1 ASV:Advanced Safety Vehicleの略。先進安全自動車のこと。

 このほか、2017年度の評価試験を受けた車種は、その後のマイナーチェンジで安全運転支援システムの機能向上などが行われていることも少なくない。そこで2020年7月現在、車種ごとに「安全運転支援システムのアップデート履歴」も記載した。

人気軽自動車7車種を含めた12車種が対象のダイハツ

ダイハツの衝突安全ボディの名称は「TAF」。

ダイハツの衝突安全ボディの名称は「TAF」。画像は「ブーン」。水色は前面衝突、黄色は側面衝突に対する基本骨格。

 ダイハツの衝突安全ボディは「TAF」と呼ばれる。Total Advanced Functionの略で、「総合的に衝突安全機能の進化したボディ」という意味を持つダイハツの造語だ。コンパクトカーや軽自動車用の小型ボディながら、衝突時の衝撃エネルギーを効率よく吸収できる構造、最適化・合理化を進めた骨格構造、強固なキャビンなどを特徴とする。また、軽量化にも力が入れられているという。

 ダイハツは、軽自動車で初めて安全運転支援システムを導入したメーカーだ。同社の安全運転支援システムは「スマートアシスト」と呼ばれ、2012年に第1世代が登場。2015年にカメラも追加して性能を向上させた「スマートアシストII」にバージョンアップ。そして翌2016年には、センサーとして当時世界最小の小型ステレオカメラを採用し、衝突被害軽減ブレーキを歩行者にも対応させるなどの機能向上を図った「スマートアシストIII」となった。2019年には、センサーを追加するなどしてさらに機能向上を図った「次世代型スマートアシスト」に。2020年には、さらにステレオカメラの一新などにより機能が向上。名称は単に「スマートアシスト」と呼ばれるようになった。

 なおダイハツは、一部の車種を親会社であるトヨタからOEM供給を受けている。ミドルセダン「アルティス」はトヨタ「カムリ」の、ステーションワゴン「メビウス」は、トヨタ「プリウスα」がベース車だ。そのため、衝突安全ボディはトヨタの「GOAボディ」、安全運転支援システムは「Toyota Safety Sense」となっている。

ダイハツ「タント」のスマートアシスト機能のひとつ、駐車支援システム「スマートパノラマ パーキングアシスト」のイメージ。

「タント」のスマートアシストの機能のひとつである駐車支援システム「スマートパノラマ パーキングアシスト」のイメージ。

【セダン/ステーションワゴン】
●アルティス(5代目・2017年7月発売)

衝突安全:85.5点/100点満点 ★★★★★(2018年度)
予防安全:75.6点/126点満点 ASV++(2018年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:Toyota Safety Sense P(2020年7月現在はToyota Safety Senseで名称を統一)を全車標準装備。2018年8月のマイナーチェンジで、一部を除いた全車にインテリジェント・クリアランスソナーを設定。

●メビウス(初代・2013年4月発売)

衝突安全:173.1点/208点満点 ★★★★☆(2011年度)
予防安全:25.5点/40点満点 ASV+(2014年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:2014年11月に、レーンデパーチャーアラート(車線逸脱警報)などの安全運転支援機能を追加。2017年11月には、Toyota Safety Sense P(2020年7月現在はToyota Safety Senseで名称を統一)を全車標準装備した。

【コンパクトカー】
●トール(初代・2016年11月発売)

衝突安全:169.6点/208点満点 ★★★★☆(2017年度)
予防安全:30.6点/79点満点 ASV+(2017年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:各グレードに、スマートアシストIIの標準装備車を設定。2018年11月に、最新版のスマートアシストIIIに換装、前後コーナーセンサーと共に標準装備した。

●トール(サイド・カーテン・エアバッグ付き)(初代・2016年11月発売)

衝突安全:180.3点/208点満点 ★★★★☆(2017年度)

●ブーン(3代目・2016年4月発売)

衝突安全:168.5点/208点満点 ★★★★☆(2016年度)
予防安全:29.9点/71点満点 ASV+(2016年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:各グレードに、スマートアシストIIの標準装備車を設定。2018年10月にスマートアシストIIIを標準装備(一部グレードを除く)。

●ブーン(サイド・カーテン・エアバッグ付き)(3代目・2016年4月発売)

衝突安全:179.2点/208点満点 ★★★★★(2016年度)

【SUV】
●ロッキー(2代目・2019年11月発売)

衝突安全:85.7点/100点満点 ★★★★★(2019年度)
予防安全:73.6点/141点満点 ASV++(2019年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:(次世代型)スマートアシストを搭載。衝突被害軽減ブレーキなどの主要機能は全車標準装備。

【軽自動車】
●ウェイク(初代・2014年11月発売)

衝突安全:159.2点/208点満点 ★★★★☆(2016年度)
予防安全:30.5点/71点満点 ASV+(2016年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:各グレードにスマートアシスト(I)の標準装備車を設定。2016年5月に、スマートアシストIIを標準装備(一部のグレードを除く)。2017年11月に、スマートアシストIIIを標準装備(一部のグレードを除く)。

●キャスト(初代・2015年9月発売)

衝突安全:166.0点/208点満点 ★★★★☆(2016年度)
予防安全:33.6点/46点満点 ASV+(2015年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:スマートアシストIIを標準装備(一部のグレードを除く)。2017年10月に、スマートアシストIIIに換装(一部のグレードは未搭載)。

●タント/タント カスタム(4代目・2019年7月発売)

衝突安全:80.2点/100点満点 ★★★★☆(2019年度)
予防安全:72.0点/141点満点 ASV++(2019年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:次世代型スマートアシストを装備(非装着車を除く)。衝突被害軽減ブレーキなど主要機能は全車標準装備。2017年7月中旬現在、変更なし。

●ミラ イース(2代目・2017年5月発売)

衝突安全:165.7点/208点満点 ★★★★☆(2017年度)
予防安全:57.2点/79点満点 ASV++(2017年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:スマートアシストIIIを搭載(一部グレードを除く)。2017年7月中旬現在、変更なし。

●ミラ トコット(初代・2018年6月発売)

衝突安全:81.5点/100点満点 ★★★★☆(2018年度)
予防安全:60.6点/126点満点 ASV++(2018年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:スマートアシストIIIを搭載(一部グレードを除く)。2017年7月中旬現在、変更なし。

●ムーヴ/ムーヴ カスタム(6代目・2014年12月発売)

衝突安全:165.5点/208点満点 ★★★★☆(2015年度)
予防安全:57.2点/79点満点 ASV++(2017年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:各グレードにスマートアシストの標準装備車を設定。2015年4月に、スマートアシストIIに換装(各グレードに標準装備車を設定)。2017年8月に、スマートアシストIIIに換装(各グレードに標準装備車を設定)。

●ムーヴ キャンバス(初代・2016年9月発売)

衝突安全:160.5点/208点満点 ★★★★☆(2017年度)
予防安全:56.6点/79点満点 ASV++(2017年度)
安全運転支援システムのアップデート履歴:各グレードにスマートアシストIIの標準装備車を設定。2017年9月に、スマートアシストIIIを標準装備(一部グレードを除く)。

→ 次ページ:
続いて三菱・レクサス・輸入車

JNCAP関連記事一覧