2020年06月09日 12:50 掲載

交通安全・防災 【JNCAP2019】全12車種×3種類の衝突試験公式動画を一挙掲載


神林 良輔

アコード(ホンダ)

 1976年の初代以来、長い歴史を有するホンダのミドルクラス・セダン「アコード」。現行車種の10代目は、2019年度の全12車種中では最も新しく、2020年2月に発売された。衝突安全性能評価の得点は、1位までわずか0.4点届かなかった88.5点。総合3位の成績だった。ファイブスター賞も受けている。

フルラップ衝突試験。再生時間0分29秒。

オフセット衝突試験。再生時間0分29秒。

側面衝突試験。再生時間0分28秒。

インサイト(ホンダ)

 2018年12月に登場した、ホンダの3代目「インサイト」。2モーター・ハイブリッドシステムを搭載したミドルセダンだ。87.5点を獲得し、全12車種中の4位だった。ファイブスター賞も受けている。

フルラップ衝突試験。再生時間0分27秒。

オフセット衝突試験。再生時間0分29秒。

側面衝突試験。再生時間0分29秒。

N-WGN(ホンダ)

 ホンダの軽自動車「N」シリーズの1車種で、2019年8月に発売された2代目「N-WGN」。ボンネットタイプのコンパクトな軽自動車である。得点は88.7点で、1位とはわずかに0.2点差の2位だった。ファイブスター賞も獲得している。また上級モデルの「N-WGN カスタム」も同一性能だ。

フルラップ衝突試験。再生時間0分30秒。

オフセット衝突試験。再生時間0分29秒。

側面衝突試験。再生時間0分26秒。

→ 次ページ:
続いて、日産「デイズ」とダイハツの2車種

JNCAP関連記事