2022年03月31日 19:30 掲載

次世代技術 日産「e-4ORCE」をラジコンで体感。
外に膨らまず、思いのままに曲がれる

2022年3月17日に日産自動車は、BEVのアリアに搭載される電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を転用したラジコンカーを公開した。このラジコンカーは、4つのタイヤを個別に制御するe-4ORCEで、外に膨らまずドライバーの意のままにコーナリングできることを体感するために開発された。これをくるくらスタッフが体験してきた。

くるくら編集部 小林 祐史

4つの電気モーターで4輪を個別に制御

電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載したラジコンカー

電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載したラジコンカー 写真=小林祐史

 日産自動車は、BEV(電池式電気自動車)のアリアに搭載される電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(イーフォース)」を誰でも気軽に体感できるようにと「e-4ORCEラジコンカー」を開発した。そのラジコンカーの運転をくるくらスタッフが体験してきた。

 アリアに搭載されるe-4ORCEは、前後輪に1つずつで計2つの電気モーターを搭載している。その電気モーターが4輪へ伝えるトルクと、4つのブレーキを協調制御することで、加・減速時に車体が前後に揺れるや、コーナリング中に車体が外に膨らむなどを抑制するという技術だ。

 今回のe-4ORCEラジコンカーは、そのコーナリング中に車体が外に膨らまないようにする制御技術を体感してもらうために開発された。もし実際の車で、それを体感しようとするなら危険を伴う可能性がある。しかしラジコンカーなら安全に体感できるというのが開発した理由の1つでもある。

ラジコンで、どうやって体感するの?

 体感の前にこのe-4ORCEラジコンカーの構造を説明する。ラジコンカーとアリアでは大きく異なる点がいくつかある。まずラジコンカーには電気モーターが4輪に1つずつ合計4つが備わる。ブレーキがなく電気モーターだけで制御するため、このような構造となった。一方で一般的なラジコンカーにない装備もe-4ORCEラジコンカーには多く装備されている。車体の揺れ、傾き、各タイヤの速度(滑り具合)などを検知する各種センサー。また、それらセンサーが検知した情報をe-4ORCEのプログラムで処理するための機器、車載カメラとその映像を送信する機器、そして車体の揺れや傾きの情報を送信する機器だ。

 そして運転方法だが、ゲームのドライビングシミュレーターのようなモニターとシートを備えた筐体に座り、実際の車を運転するのと同じようにハンドルとアクセル操作を行う。モニターには、ラジコンに搭載されたカメラからの映像が映し出される。そしてラジコンの揺れや傾きのデータを受信して、筐体が同じように揺れ、傾くという仕組みとなっている。

e-4ORCEラジコンカーの運転システム。ドライビングシミュレーターのような筐体が用いられる

e-4ORCEラジコンカーの運転システム。ドライビングシミュレーターのような筐体が用いられる 写真=日産

【動画で見る】e-4oRCEラジコンカー


くるくらスタッフは試乗で
何を感じた?

電動化に関する記事