2017年07月26日 16:00 掲載

ニュース・プラス 赤ちゃんの夜泣きを止める!?
クルマの揺れを再現する
「ゆりかご」誕生!


00_baby_00.jpg

フォード・スペインが開発した車の揺れなどを再現したベビーベッド。© Ford

 赤ちゃんのための電動ゆりかごは今までにもあった。しかし、クルマに乗っている時の揺れや音を再現したなんともユニークな電動ゆりかごを、仏ルノー社が製品化した。

 まずは、なぜこういったゆりかごが出来たのかが分かる、ほのぼのとする動画をご覧いただきたい。

 夜鳴きする赤ちゃんをクルマに乗せて、近所を一周する眠そうなパパ。寝入った赤ちゃんをクルマから下ろそうとそっとドアを開けると、音に反応してまた泣き出す赤ちゃん。ルノーの自動ゆりかごがあれば、自宅で赤ちゃんも、そしてパパもすやすや。フランスらしいエスプリが効いたCMである。

 クルマが走る時の振動や音が赤ちゃんにとって、どれほど安眠効果があるかは定かではないが、この前代未聞のゆりかご「ドリーム・クレードル」のアイデアは、2016年にアルゼンチン・ルノーが制作した赤ちゃんがクルマの中で安眠するコマーシャルに端を発する。実際にカスタマーからFacebookを通して、そういったゆりかごを作って欲しいとリクエストがあり、ルノーはベビー用品で有名な伊キッコ社に製造を依頼。5月にイタリアでお披露目された。

→ 次ページ:
クルマのベビーベッドやゆりかごがブームに?