2017年06月17日 02:00 掲載

ニュース・プラス 凱旋!佐藤琢磨
優勝するまでの激戦を
振り返る


np170616-02-01.jpg

800kmといったら東京~広島間に相当し、そこを時速340~380kmで走り続けるという耐久とスプリントの両方を合わせたタフ極まりないレースが「インディ500」。琢磨選手はそんなレースを日本人で初めて制した。

 世界最大のレース「インディ500」。最高時速340~380kmという超高速でバトルを繰り広げながら、500マイル=約800kmという長距離を走りきるレースに優勝し、「インディ500チャンピオン」となった佐藤琢磨選手。6月13日に多忙なレースの合間を縫って帰国し、ホンダ・ウェルカムプラザ青山にて凱旋報告会を行った。

 日本の報道陣を前に、改めてインディ500チャンピオン(インディ500の優勝者は1戦だがチャンピオンと呼ばれる)となった喜び、そして終盤の優勝までの壮絶な駆け引きなど、ドライバーならではの視点で語ってくれた。それをお届けする。

 なおインディ500に関して、そしてインディ500を含めた選手権「インディカー・シリーズ」、そこに参戦して8年目となる琢磨選手の2017シーズンの態勢などについては、こちらをご覧いただきたい。

np170616-02-08.jpg

ホンダ八号社長から、インディ500チャンピオンのご褒美に「NSX」が贈呈されて満面の笑みを浮かべる琢磨選手。手渡されたのはダイキャストモデルだが、後ほど実車が琢磨選手の手に渡る。なおカラーリングは、ホワイト系(NSXは「130Rホワイト」と、「カジノホワイト・パール」の2種類がある)というわけではないらしい。

→ 次ページ:
琢磨選手が早めに仕掛けた理由とは?