2017年06月16日 02:14 掲載

ニュース・プラス 3種類の走り方ができて、
折りたたみも可能な
ペダル付き電動バイクが人気。


折りたためるコンパクトさと電動の気軽さ

 いわゆるモペッドと呼ばれる、ペダル付き小型バイクは今までにもあった。グラフィット バイクの新しい点は、折りたたみのできるコンパクトさと、ガソリンではなく、家庭用コンセントで気軽に充電できる電動エネルギーを動力としている点にある。

 工具を使わないで車体を簡単に折りたたむことができ、職場や家などにコンパクトに収納できる。約18kgの重量は、通常の原付バイク(約70kg)と比較して1/3以下の軽さに抑えてあり、持ち運びが楽ちんなのだ。

170615-2-4.jpg

折りたたむと電車でも持ち運びできるサイズだ。© glafit

 充電は付属の専用充電器をバイク本体に差すか、電池を取り出して家庭用コンセントに繋ぐだけ。充電時間4~5時間で満タンになる。10円以下の充電コストで約45km走行可能だそうで、燃費もよく、モーターが電動なので静音性にも優れている。

 自転車通勤者の夏に汗だくになってしまう問題を解消してくれたり、仕事後に飲んだ時には折りたたんで電車やタクシーで持ち帰れること、駐車場に場所をとらないことなど、グラフィット バイクは通勤の新たな手段としても活躍しそうだ。

170615-2-5.jpg

タクシーのトランクにもすんなり入る。© glafit

→ 次ページ:
自転車+バイクに強いメーカーのこだわり