2022年06月22日 12:40 掲載

クルマ 普通車の駐車台数が7倍に!東名阪道・大山田PA(下)の駐車マスが大幅増

E23 東名阪道・大山田PA(下)の駐車マス増設工事が完成した。普通車、大型車ともに大幅に駐車可能台数が増えたほか、バス優先マスも新たに設置された。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

プラス67台分の増設。バス優先マスも新設

大山田PA(下)の航空写真

E23東名阪道・大山田PA(下)の航空写真 出典=NEXCO中日本

 E23 東名阪道・大山田PA(下)では、これまで深夜の時間帯を中心に大型車駐車マスが不足しており、駐車エリア全体の混雑が発生していた。これを解消するために、NEXCO中日本では駐車マス増設工事を進めてきたが、620日に完成。大型車駐車可能台数が約1.4倍、トレーラー駐車可能台数が約7倍、普通車駐車可能台数が約5倍になった。大型バスの利用も多いことから、新たにバス優先マスも増設され、合わせて67台分の増設となった。

大山田PA(下)工事前後の駐車可能台数表

大山田PA(下)工事前後の駐車可能台数表 出典=NEXCO中日本

 大型車・普通車兼用マスの区分は、駐車枠に青ラインで明示されている。1マスに大型車なら1台、普通車であれば2台、駐車することができる。NEXCO中日本では、より多くの人が駐車できるよう、普通車の縦列駐車の協力を呼びかけている。

 大山田PA(下)では、引き続き駐車エリア以外の場所で照明設備設置工事を行っていくとのことだ。

ライターお勧めの関連記事はこちら