2021年07月12日 17:20 掲載

クルマ プジョーのLMハイパーカーは
リアウイングの無いレーシングカーだった!

プジョーが、ル・マン24時間レースなどの世界スポーツカー選手権(WEC)に2022年から参戦するために開発するレーシングカー9X8(ナイン・エックス・エイト)を公開した。その姿は衝撃だった。なんとレーシングカーに不可欠なリアウイングが無かったのだ。あるべきものが無いプジョー9X8について、モータースポーツライターの大串信が解説。

文・大串信(モータースポーツライター)

リアウイングが無いプジョー9X8

プジョー,9X8,リヤウイング

ボディ後端はウイング形状になっているが、ステーなどでボディから独立したリアウイングが存在しないプジョー9X8 写真=プジョー

 プジョー9X8(ナイン・エックス・エイト)は、あまりにも衝撃的な姿だった。プジョーは7月6日、オンライン発表会を開き、2022年の世界スポーツカー選手権(以下WEC)に投入する新型ル・マン・ハイパーカー(以下LMH)、プジョー9X8の実車を初めて公開したが、なんと高性能レーシングカーには不可欠なアイテムだと考えられてきたリアウイングを備えていなかったのだ。

LMH、LMDhと混沌するWECのレギュレーション

 プジョーは2019年末の段階でWECおよびル・マン24時間レースへの参戦を表明していたが、WECの車両規則が変更したため、具体的な参戦体制についてはこれまでなかなか明らかにしなかった。

 当初ACO(フランス西部自動車クラブ)とFIA(国際自動車連盟)は、昨年まで現在のLMP1(ル・マン・プロトタイプ1)の後継規定としてLMHを2019年6月の段階で発表した。LMP1でル・マン3連覇を達成したトヨタはいち早くLMHでのWEC参戦を決めた。

 ところが2020年9月、ACOとアメリカのスポーツカーレースを統括するIMSA(国際モータースポーツ協会)が現在のLMP2(ル・マン・プロトタイプ2)規定の延長上にLMDh(ル・マン・デイトナ・エイチ)規格を発表したところ、トヨタ以外の自動車メーカーが続々LMDhでのレース活動参入を決め始めた。

 シャシーやパワーユニットをメーカーが独自開発するLMHに対して、LMDhはシャシーが指定された4つのコンストラクターから供給され、ハイブリッドシステムを含む主要コンポーネントを共通化するなど、独自で開発できる領域を狭めてある。これらによって開発・参戦コストが抑制されている。

 その結果、LMHは初年度である2021年シーズンのWECにエントリーしたのはトヨタとグリッケンハウスのみに対し、2022年から導入されるLMDhにはポルシェ、アウディ、BMWなどが参加予定で、現状ではハイパーカーレースの主流がどこにあるのかがわかりにくくなる事態となっている。
プジョー,9X8,リヤウイング

2021年からLMHに参戦しているトヨタGR010HYBRID。ベースとなっている車両は、GR SUPER SPORT 写真=トヨタ

 しかしプジョーは2022年にLMHへの参入を正式に発表し、トヨタを相手にル・マン24時間レースの総合優勝および世界選手権のチャンピオンを争うことを選択した。

 プジョーはここまで来年用マシンの詳細を明かしてこなかったが、そのコンセプトの主軸は斬新な空力デザインと進歩的なハイブリッド4輪駆動制御システムにあるとしてきた。発表された9X8はまさにそのコンセプトを具現化したマシンだった。

ル・マン、LMHに関連する記事