2021年06月19日 12:00 掲載

フリフリ人生相談 【フリフリ人生相談】いまさら家業を継ぐと言える?


天空

そこにロマンはあるのか?


「父が懸命に守ってきたものなので」
という理由で、
「私は継ぎたい」
というのは、弱いね。
これじゃあ、
奥さんも納得しないし、
経営もうまくいくはずがない。

こういう状況に置かれたときに、
「よし、おれが継ぐ」と決める人のほとんどが、
いま置かれている状況をつまらないと思っている。
つまり、逃げてるってわけさ。

あなたもいま、
どこかの会社に勤めているわけだよね。
「たいして給料もよくないし、
この先、出世する見込みもないから」
ということで「親父の会社を継ごう」っていうのは、
まったくダメなんだよ。

もうひとつ。
父親の会社に対して、ビジョンはあるのかな?
「こうすれば、うまくいく」
「こういう新しいことをやってみたい」
そういう思いが、まずとても大切。
そのうえで、
いまいる社員たちに話を聞く。
会社の現状と将来の分析だよね。
そういう話し合いを何度も重ねて、
「息子さんにぜひ来てほしい」
と、社員たちが熱望するくらいにならないと、
経営なんて、とても無理だ。

まずは、池井戸潤の、
『下町ロケット』とか『陸王』とかを読んで、
心のなかにロマンの火だけでも灯すべきだね。

家業を継ぐっていうのは、
大変なことだよ。

他の人のアドバイスも聞きたい

純一

恵子