2022年10月19日 16:20 掲載

ライフスタイル AIの自動運転で1300km以上を走破!「北海道一周長距離走行プロジェクト」

人工知能による自動運転システムと車両の開発に取り組むチューリング社が、10月上旬に「北海道一周長距離走行プロジェクト」を実施。総走行距離1480kmのうち約95%の道のりを、自動運転モードで走行することに成功した。

文=くるくら編集部

1300㎞以上の道のりを自動運転モードで走行

北海道一周長距離走行プロジェクトに用いたAI自動運転システム搭載車両 写真=TURING株式会社

本プロジェクトに用いたAI自動運転システム搭載車両 写真=TURING株式会社

 TURING株式会社(以下、チューリング社)は、2022年10月上旬、AI自動運転システムの更なる安全性・信頼性・耐久性の技術向上を目的とし、「北海道一周長距離走行プロジェクト」を実施。北海道道庁と各自治体の協力のもと、函館市から札幌市・稚内市・釧路市・帯広市を経由するルートで、総走行距離1,480kmのうち約95%、距離にして1300㎞以上の道のりを自動運転モードで走行することに成功した。北海道全域を用いての広域実証、実験は国内初の取り組みとなる。

 チューリング社は、創業からわずか1年の企業。将棋AI「Ponanza」の開発者として知られている山本⼀成氏と、国立情報学研究所・青木研究室を主宰する青木俊介氏により2021年に共同設立された。これまでも、千葉県内の公道や日本自動車研究所所有の城里テストセンター内で、自動運転システムの開発・検証を行っている。

 同社は、今回の実証結果を用いてAI自動運転技術開発の早期実現を目指していくという。

チューリング社オフィス 写真=TURING株式会社

チューリング社オフィス 写真=TURING株式会社

【会社概要】
TURING株式会社
本社:千葉県柏市若柴226番地44中央141街区1

ライターお勧めの関連記事はこちら