2022年09月18日 12:10 掲載

ライフスタイル トヨタがライド型アトラクション「ファンビー」を開発! バーチャルとリアルが交差する新体験とは。

トヨタ・コニック・プロは、次世代ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」のトライアル導入を開始した。ファンビーは、現実世界と仮想世界を組み合わせた"MR技術"と"1人乗りカート"を融合したアトラクション。バンダイナムコアミューズメントが運営する「VS PARKイオンレイクタウンmori店」にて、11月13日(日)までの期間限定で楽しめる。

タグ:

文=谷中朋未

「FUNVE(ファンビー)」は、トヨタのエンジニア有志が開発!

トヨタ|バンダイ|ファンビー|FUNVE|ライド型アトラクション|電動カート

ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」。 画像=トヨタ・コニック・プロ株式会社

 トヨタ・コニック・プロ株式会社は、次世代ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」を開発。株式会社バンダイナムコアミューズメント運営が運営するVS PARKイオンレイクタウンmori店にトライアル導入した。同アトラクションは9月9日(金)~11月13日(日)までの期間限定で楽しめる。

 ファンビーは、リアルとバーチャルが交差する"MR技術"と"一人乗りカート"を融合した新しいライド型アトラクション。ユーザーはマイクロソフト社製のMRグラス(HoloLens2)を着用してカートに乗り、目の前に広がる仮想空間を実際のカートを操作して体験する。トヨタ自動車の技術系社員の有志で構成する「トヨタ技術会」が「子どもでも楽しめるモビリティ体験を創りたい」という想いをもって製作した。

トヨタ|バンダイ|ファンビー|FUNVE|ライド型アトラクション|電動カートのCGイメージ

電動カートのCGイメージ。 画像=トヨタ・コニック・プロ株式会社

 カート本体は、通常のクルマと同様のハンドル操作のほか、ジョイスティックによる直感的な操作も可能。4輪独立モータ制御の電動で、最高速度は時速12kmほど(アトラクション使用時は安全な速度に制限)、正面から見るとカエルのような可愛らしい顔つきをしている。

VS PARKイオンレイクタウンmori店にて体験できる

トヨタ|バンダイ|ファンビー|FUNVE|ライド型アトラクション|電動カート|アニマルレンジャー

体験できるコンテンツは「アニマルレンジャー」。 画像=トヨタ・コニック・プロ株式会社

 今回、ファンビーで体験できるコンテンツは、こちらも「トヨタ技術会」のメンバーが自ら開発・制作した「アニマルレンジャー」。ドライバーたちは森の動物保護レンジャーとなり、電動カートを運転しながら、仮想空間に現れるかわいらしい動物たちをキャッチするというもの。電動カートの操作と仮想空間でのゲーム要素が組み合わさっているので、大人も子どもも楽しめるアトラクションになりそうだ。

 このファンビー、これまでも一部のトヨタ販売店などで体験会を実施してきた。しかし、今回のように2か月という長期間にわたり、公式に体験の場が設けられるのは初めてのこと。タッグを組んだバンダイナムコエンターテインメントは、期間中の運営のほか、汎用化に向けての安全性や運営面での検証とアドバイスを担うという。

 老若男女問わず誰でも楽しめそうなライド型アトラクション「ファンビー」。MRでつながるオンライン体験により、将来的には、世代の差はもちろん、国籍や地域など、あらゆる境界を飛び越えてともに遊ぶことができるモビリティ体験を目指し、改良を続けていくという。

【実施概要】
実施場所:VS PARK イオンレイクタウン mori店(カートコーナー)
実施期間:9月9日(金)~11月13日(日)
アトラクション概要:1回約5分 『FUNVE』をVS PARK内カートコーナーにて体験
利用者条件:8歳以上かつ体重100kg未満の方(運転免許は不要)
※VS PARK入場には入場料が必要
※体験時間にはレクチャー時間を含む
※体験人数の制限有り
※13歳未満の小児は、保護者(20歳以上)の同意が必要

ライターお勧めの関連記事はこちら