2022年10月06日 10:50 掲載

ライフスタイル 自動車ファンの新たな聖地に!? 富士スピードウェイホテルとミュージアムに初潜入!

2022年10月7日、富士スピードウェイ内に「富士モータースポーツホテル」と「富士モータースポーツミュージアム」がオープンする。モータースポーツとラグジュアリーな体験を提供する施設の魅力とは? 先立って開催されたメディア内覧会で、その豪華な設備を激撮してきた。

文=小林祐史(YKイメージ)

ホテルの目の前がサーキット!

サーキットが眼前に広がる客室のバルコニー。(写真=小林祐史)サーキットが眼前に広がる客室のバルコニー。(写真=小林祐史)

 10月7日のオープンに先駆けて、富士モータースポーツホテルと、同ホテル内に併設されている富士モータースポーツミュージアムのメディア内覧会が行われた。両施設は、富士スピードウェイの敷地内に立地しており、クルマとモータースポーツのラグジュアリーな体験を提供する複合施設「富士モータースポーツフォレスト」プロジェクトの一部となっている。

 ホテルは地上9階、地下1階のホテル棟と、全室プラベートガレージ付きで平屋のヴィラ棟が5つ、さらにホテル地下の源泉から汲み上げられた温泉、プール、アスレチックジム等の入ったヴィラ棟からなる。

 ホテルのテーマは「モータースポーツとホスピタリティーの融合」で、各国のハイブランドホテルのデザインを手掛けているハーシュベトナ&アソシエイツ(HBA)が担当し、運営はハイアットが行う。「アンバウンドコレクション by Hyatt」としてハイアットが展開する、唯一無二のテーマやストーリーを持つコレクションブランドホテルでもある。

優雅な空間でモータースポーツを楽しむ

客室は全室バルコニー付きで、サーキットもしくは富士山が望める。(写真=富士モータースポーツホテル)

 富士スピードウェイホテル内の空間は、落ち着いたラグジュアリーな雰囲気となっている。しかしなんといってもこのホテル最大の魅力は、窓からの景色だ。ホテル棟の4〜8階にある客室は、全室バルコニー付きで、サーキット側の部屋からは富士スピードウェイの最終コーナーなどが一望できる。他にも2階のロビーラウンジからは富士山、そして9階のルーフトップテラスからは、サーキットと富士山の両方を眺めることができ、窓からの眺望はまさに圧巻だ。気になる宿泊料だが、シーズンやイベント開催等によって変更はするものの、1室4万4000円(税、サービス料別)からとなっている。

富士スピードウェイの西ゲート付近に立地する富士モータースポーツホテル。(写真=小林祐史)富士スピードウェイの西ゲート付近に立地する富士モータースポーツホテル。(写真=小林祐史)

ライターお勧めの関連記事はこちら