2022年05月20日 06:00 掲載

ライフスタイル 高橋国光さん、たくさんの感動をありがとうございました。素晴らしい戦績と記憶に残るレースを振り返る。


タグ:

文・大谷達也

高橋国光氏の主な軌跡

1940年
東京都小金井市に生まれる

1958年
全日本モーターサイクル・クラブマンレースで二輪レースにデビュー。全日本オートバイ耐久ロードレース(浅間火山レース)優勝(350ccクラス)

1959年
浅間火山レース2年連続優勝(500ccクラス)

1960年
株式会社本田技術研究所 ホンダ・スピード・クラブ(HSC)に加入

1961年
WGP第1戦西ドイツGPで日本人として初優勝(250ccクラス)
同シリーズ第9戦アルスターGP 優勝(125ccクラス)
マン島TTレース4位入賞(250ccクラス)
WGP年間ランキング4位(250ccクラス)、5位 (125ccクラス)

1962年
WGP第1戦スペインGP、第2戦 フランスGPで2連勝(125ccクラス)
第3戦マン島TTレース(125ccクラス)でレース中に転倒し、一時意識不明の重体となるも回復
WGP年間ランキング4位(125cc)

1963年
WGP14レースに参戦。ランキング9位(250ccクラス)。7位(125ccクラス)

1965年
四輪レーシングドライバーに転向

1970年
全日本ドライバー選手権T-Ⅱ部門 全5戦を制覇しチャンピオン獲得

1971年
日本グランプリ T-b部門優勝

1977年
F1世界選手権 日本GP出場 9位完走

1985~87年
全日本耐久選手権3年連続チャンピオン獲得

1989年
全日本スポーツ・プロトタイプカー選手権シリーズチャンピオン

1992年
「チーム国光」監督兼ドライバーとしての活動をスタート

1995年
ル・マン24時間レース優勝(GT2クラス)

1996年
全日本GT選手権にHonda NSXで参戦

1998年
全日本GT選手権第6戦美祢で初優勝

1999年
全日本GT選手権第2戦富士で優勝
現役を引退

2000年
「チーム国光」監督として、全日本GT選手権にHonda NSXにて参戦

2002年
日本自動車殿堂(JAHFA)入りを果たす

2005年
「TEAM KUNIMITSU」監督としてSUPER GTにHonda NSXにて参戦

2013年
ル・マン24時間・ホール・オブ・フェイム 受賞

2018年
SUPER GTシリーズGT500クラスチャンピオン(ドライバー:山本尚貴/ジェンソン・バトン)

2020年
文部科学省より「スポーツ功労者」として顕彰される
SUPER GTシリーズGT500クラスチャンピオン(ドライバー:山本尚貴/牧野 任祐)

<ホンダ公式ウェブサイトより抜粋>

ライターお勧めの関連記事はこちら