2022年03月14日 23:20 掲載

ライフスタイル 箱根ターンパイク、ETCでの支払いが可能に! 箱根小田原本線で3月28日からスタート

NEXCO中日本と箱根ターンパイクは、自動車専用道路「アネスト岩田 ターンパイク箱根」の箱根小田原本線で、ETCの仕組みを利用した多目的利用サービス「ETCX」での支払いを2022年3月28日(月)からスタートすると発表した。

タグ:

文=谷中朋未

大観山から眺めたアネスト岩田 ターンパイク箱根。© nino - stock.adobe.com

大観山から眺めたアネスト岩田 ターンパイク箱根。© nino - stock.adobe.com

高速以外でもETCが使える「ETCX」って何だ?

 ETC技術を活用した、高速道路以外の施設での料金支払いを可能にする「ETCX」の導入が各地で広がっている。今回新たに「アネスト岩田 ターンパイク箱根」の箱根小田原本線でもサービスがスタート。2022年3月28日(月)午前10時から利用可能となる。

 NEXCO中日本では、これまでも駐車場やドライブスルー、フェリー、ごみ焼却処理施設など、ETCXの試行運用を実施してきた。そこで得られた知見を活かすとともに、現金決済とETCX 決済が混在する料金収受業務を前提に、できる限り簡素化した機器構成を採用したという。

アネスト岩田 ターンパイク箱根の小田原料金所(箱根小田原本線)。ETCを読み取るアンテナは料金所の屋根にある。<写真提供=NEXCO中日本>

アネスト岩田 ターンパイク箱根の小田原料金所(箱根小田原本線)。ETCを読み取るアンテナは料金所の屋根にある。<写真提供=NEXCO中日本>

ETCXの利用には事前登録が必要

 便利なETCXだが、はじめて利用するユーザーは、気を付けたいことがある。アネスト岩田ターンパイク箱根でETCXを利用する際には、事前の会員登録(https://etcx.jp/)が必要だ。こちらは入会金や年会費は無料で、会員登録すると、伊豆中央道や修善寺道路などの有料道路もETCXを利用して料金支払いができるようになる。

 また通常のETCとは異なり、料金所に近づいたらスピードを落とし、停止線で一旦停止しなければならない。料金収受員にETCXでの支払いを伝え、決済完了の合図があってはじめて完了となる。なお、同じアネスト岩田ターンパイク箱根であっても、箱根伊豆連絡線はETCX利用の対象外となっているので注意してほしい。

 キャッシュレス化が進む昨今、高速道路以外の施設で料金支払いができる「ETCX」のユーザーメリットはかなり大きい。料金所で慌てて財布を広げる風景も過去のものとなるかもしれない。今後の利用施設拡大に期待したい。

ETCXが利用できるようになるのは「アネスト岩田 ターンパイク箱根」の箱根小田原本線。箱根伊豆連絡線は対象外となっているので注意が必要だ。<写真提供=NEXCO中日本>

2022年3月28日(月)からETCXが利用できるようになるのは、「アネスト岩田 ターンパイク箱根」の箱根小田原本線。箱根伊豆連絡線は対象外となっているので注意が必要だ。<写真提供=NEXCO中日本>

ライターお勧めの関連記事はこちら