2020年11月06日 17:00 掲載

ライフスタイル 東北応援企画サイト「おうちフェスタとうほく」の歩き方。自宅で旅行気分を味わう

東北の魅力を知って楽しめるWebサイト「おうちフェスタとうほく」が、2020年10月30日に開設した。東北旅行のきっかけ作りとして、NEXCO東日本が運営するこのサイトでは、東北6県の郷土芸能やグルメ、観光情報を家族で楽しみながら知ることができる。さらに、高速道路のクイズや働くクルマの動画など、NEXCOならではのコンテンツも用意されている。

くるくら編集部 会田 香菜子

「行ってみたい」と思える東北の魅力がきっと見つかる

10月30日に開設した「おうちフェスタとうほく」トップ画面図。出典:NEXCO東日本


 10
30日、自宅で東北の魅力に触れ、満喫できるWebサイト「おうちフェスタとうほく」が開設した。運営しているのはNEXCO東日本で、東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)の郷土芸能やグルメ、観光情報が紹介されている。「家族で楽しめる」がコンセプトなだけあって、Webサイトには、トップページからわくわくする仕掛けが施されている。

「おうちフェスタとうほく」トップページには、道路案内標識を模した各県の情報が表示される。

「おうちフェスタとうほく」トップ表示図 出典:NEXCO東日本

 まず、トップページを開くと画面に現れるのは、道路案内標識を模した各県の情報アイコンだ。標識はそれぞれ、ピンクが郷土芸能、青が観光スポット、オレンジがグルメとなっている。特筆すべきは、画面を自由に上下左右にスライドして、コンテンツを探せるというところ。次々と現れる案内標識から、ドライブ旅行で行き先を決める時のように気になる場所やグルメを選べば、バーチャル旅行気分を味わえそうだ。

おうちフェスタとうほく:「郷土芸能」表示図

「郷土芸能」ページ表示図 出典:NEXCO東日本

 そんな旅行気分で選んだコンテンツには、東北の魅力が詰まっている。「郷土芸能」では、各県の郷土芸能の由来を知ることができる誕生秘話や、踊りやお囃子の動画、そして実際に使用される音色による「音色クイズ」などが用意されている。

おうちフェスタとうほく:「観光スポット」表示図

出典:NEXCO東日本

 「観光スポット」では、前述の通り、旅行気分でトップページから気になるスポットを選ぶか、ガイドマップを読む感覚で目的に合わせてメニューの「絶景スポット」「癒しスポット」「体験スポット」から選んでみるのも楽しそうだ。もちろん、スポットについての紹介やマップも確認できる。

おうちフェスタとうほく:「グルメ」表示図

出典:NEXCO東日本

 「グルメ」は、東北の定番グルメを紹介。B級グルメやスイーツもラインアップされている。一度は見聞きしたことがある東北の定番グルメだが、作り方となると意外と知らないもの。そこで、親子で楽しめる企画として、各料理のレシピも掲載されているのだ。

 料理は苦手、という人は「お取り寄せ」か「食べに行く」でおすすめの店も確認できる。「見て」「聞いて」「作って」が叶う「おうちフェスタとうほく」は、東北のことを気軽に自宅で "体験" できるからこそ、「実際に行ってみたい」と思うきっかけも与えてくれるに違いない。

おうちフェスタとうほく:スタンプラリー表示図

出典:NEXCO東日本

 さらに、サイト内ではスタンプラリーキャンペーンも実施中。サイト内に隠れているスタンプポイントを巡って6個スタンプを集めると、温泉宿の宿泊チケットや東北グルメなどの賞品が当たる抽選に応募可能だ。集めたスタンプ数が画面下に表示されるので、集めるたびにカウントされていくのがゲーム感覚で楽しい。

高速道路のトリビアとはたらくクルマの迫力動画

おうちフェスタとうほく:「高速道路クイズ」表示図

出典:NEXCO東日本

 NEXCO東日本ならではのコンテンツも用意されている。コンテンツは「高速道路クイズ」と「高速道路ではたらくクルマ」のふたつ。クイズに全問正解すると、「標識車」か「道路パトロールカー」のペーパークラフトがDLできる。バーチャルにとどまらず、リアルの楽しみも提供してくれる企画が嬉しい。繰り返し挑戦できるので、全問正解を目指すことも、両種類ゲットすることも可能だ。

おうちフェスタとうほく:「高速道路のはたらく車」表示図

出典:NEXCO東日本

 「高速道路ではたらく車」では、パトロールカーや衛星通信車など6車両が画像とともに紹介されている。さらに、大型橋りょう点検車の動画では、自由に画面をタッチして点検車からの景色を360°楽しむことができる。普段は見られない橋の裏側を覗ける絶好の機会でもあるので、こちらも見逃せない。

 「おうちフェスタとうほく」は、自宅で旅行気分も味わえるWebサイトだ。次の休みには、家族で "東北旅行" を楽しんでみてはいかがだろうか。

ライターお勧めの関連記事はこちら