クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.07.06 公開日:2021.06.19

【フリフリ人生相談】いまさら家業を継ぐと言える?

記事の画像ギャラリーを見る

フリフリ人生相談,家業を継ぐ

50代の男です。
父が会社を経営しており、叔父(父の弟)が継ぎましたが、
父とそりが合わずに叔父が退社しました。

私に継いでくれと父に頼まれましたが、
妻にはどのように切り出せばよいでしょうか?

会社の経営は芳しくないのですが、
父が懸命に守ってきたものなので、
私は継ぎたいと思っています。


純一

会社の状況を詳しく

この質問の骨子は、
奥さまをどう説得するか?
ですね。

ただ、その前に、
お父さまの会社を継ぐことに関して、ひとこと。

事業内容も収支状況もわからないので、
乱暴なことは言えません。
また、私のまわりでも、
後継者がおらずに廃業せざるを得ない会社も
たくさん見てきましたので、
できれば、
お父さんの会社を継ぐことを勧めたいのですが、
文面を見る限り、
あなたが継いで、うまくいくとも思えません。

・会社の経営は芳しくない。
・叔父さんとそりが合わなかった。
この2点の原因はなんでしょうか。

お父さんが頑固すぎるために、
叔父さんと意見が合わなかったということはないですか?

まず、あなたは、
叔父さんと話すべきだと思いますよ。
「いったい、なぜ、退社したのか?」
そこをじっくりと聞きこめば、
いま会社が置かれている問題点が浮かびあがります。

それは、お父さまの考えかたのせいか、
それとも、事業内容そのものに問題があるのか。
叔父さんの意見として、
改善すれば発展の見込みがあるのに、
それをお父さまが反対した、
ということがあるかもしれません。
また、息子のあなたが継いで、
うまくいくかどうかも相談するべきです。

お父さまの弟が説得できなかったものを、
息子が説得できるものでしょうか?

会社の問題点が浮かびあがったとして、
あなたよりも経営に向いている人は
ほかにいないのでしょうか。
長年会社に勤めている人で、優秀な人材は?
あなたが経営せずとも、
誰かに任せるという手もあります。

とにかく、一度経営を託されていた叔父さんの意見を聞く。
これがもっとも大切だと思います。

他の人のアドバイスも聞きたい

恵子

天空


天空

そこにロマンはあるのか?

「父が懸命に守ってきたものなので」
という理由で、
「私は継ぎたい」
というのは、弱いね。
これじゃあ、
奥さんも納得しないし、
経営もうまくいくはずがない。

こういう状況に置かれたときに、
「よし、おれが継ぐ」と決める人のほとんどが、
いま置かれている状況をつまらないと思っている。
つまり、逃げてるってわけさ。

あなたもいま、
どこかの会社に勤めているわけだよね。
「たいして給料もよくないし、
この先、出世する見込みもないから」
ということで「親父の会社を継ごう」っていうのは、
まったくダメなんだよ。

もうひとつ。
父親の会社に対して、ビジョンはあるのかな?
「こうすれば、うまくいく」
「こういう新しいことをやってみたい」
そういう思いが、まずとても大切。
そのうえで、
いまいる社員たちに話を聞く。
会社の現状と将来の分析だよね。
そういう話し合いを何度も重ねて、
「息子さんにぜひ来てほしい」
と、社員たちが熱望するくらいにならないと、
経営なんて、とても無理だ。

まずは、池井戸潤の、
『下町ロケット』とか『陸王』とかを読んで、
心のなかにロマンの火だけでも灯すべきだね。

家業を継ぐっていうのは、
大変なことだよ。

他の人のアドバイスも聞きたい

純一

恵子


恵子

ダメでしょ、ふつう

50代ということは、
あと10年くらいで定年退職ですよね。
「それからじゃ、遅いですか?」
奥さんなら、まず、そう言うと思いますね。

50歳を過ぎるまで知らん顔していたのに、
この年齢になって、
いまさら父親の会社を継ぎたい、なんて、
「はぁ?」以外にないでしょう?

社内に人材はいないの?
経営はどれくらい芳しくないの?
あなたが経営して、
どれくらい改善するの?

お父さんの会社なのだったら、
他人に経営してもらって、
所有権のみ相続するって手はないの?

など。

ざっくりと想像しただけでも、
これくらいの疑問は浮かびますけど。

他の人のアドバイスも聞きたい

純一

天空


ライター・松尾の右往左往

ぶっちゃけ言うと、
今回の回答者の3人とも、
まず口にしたのは、
「フリフリ人生相談に持ちこむ話?」
ってことです。
身も蓋もないですがね。

いくつもの会社を経営したり所有している高橋純一は、
こんなにざっくりと
「経営したい」と口にする後継者が、
うまくいくわけがない、と、
ちょいと憤ってました。

経営が芳しくない会社を建て直すってことは、
人間の病気を治療するようなものなのに、
あまりに提示する情報が少なすぎるってことのようです。

「父ががんです、どうしたらいいですか」
と、フリフリに相談されても困るでしょ、
みたいな。

それでも、3人とも、
がんばって答えてくれました。

会社を継承するという悩みを超えて、
人生の考えかたの問題かもしれない、
と、思いました。

回答者のアドバイスを振り返る


記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)