2022年09月29日 23:30 掲載

交通安全・防災 ドライブレコーダー動画のヒヤリハットで運転上手に!第1回「コーナーの先に逆走車」

ドライブレコーダーが記録したヒヤリハット映像を紹介。ドライブレコーダー映像を見て危険な瞬間を疑似体験するだけでも、危険予知や運転スキルを高めることができると考えられています。事故に合わないドライバーを目指し、ちょっと見てみませんか。

文=くるくら編集部
動画=ドラドラ動画

思わずハッとする、ヒヤリハット動画

(c)琢也 栂 - stock.adobe.com ※動画は、下の【この画像の記事を読む】よりご覧いただけます。

(c)琢也 栂 - stock.adobe.com

 ヒヤリハットとは、あわや事故!とか、危なかった!という状況のこと。運転中にヒヤリハットが多いと、いつかそれが事故につながります。逆にいうと、ヒヤリハットの少ないドライバーは、安全かつ運転上手なドライバーといえます。

 最近普及が進んでいるドライブレコーダーは、事故時の状況を記録することが本来の役目ですが、運転中のヒヤリハットもしっかり記録しています。そこで「くるくら」では、ドライブレコーダーに残された本物のヒヤリハット動画を見てもらうことで、事故の心配なくヒヤリハットを疑似体験してもらい、「くるくら」ファンの運転スキルアップにつなげていくシリーズ企画を始めることにしました。

 鍵となるドライブレコーダー動画は、やはり安全運転を目的にドライブレコーダー映像の投稿・共有を行っている「ドラドラ動画」サイトの協力を得て、同サイトが特に印象に残った動画として選んだ月間コンテストMVP・準MVP動画の提供を受け、紹介します。体験を増やすことは危険予知の能力を向上し、必ずや事故防止に役立つはず。少しだけお時間をいただき、見るだけで運転が上手くなる動画をご覧ください。

※動画再生時には音も出ます。突然大きな音になることもありますのでスピーカーの音量にはご注意ください。

月間コンテスト 2022年1月 MVP

タイトル:「コーナーの先に逆走車」
投稿者:もんもん さん
注目再生時間  0:12ころ

 中央分離帯がある片側二車線の道路で、奥から白い乗用車が逆走してきます。投稿者さんの車は急ブレーキをかけますが、相手は減速はするものの、停止せずそのまま前進し、危うく正面衝突しそうな場面。投稿者さんのクラクションを鳴らしつつ、ほぼ同時に急ブレーキをかけた咄嗟の判断が素晴らしいです。

月間コンテスト 2022年1月 準MVP

タイトル:「自転車も車両です!」
投稿者:見た目若子 さん
注目再生時間  0:14ころ

 投稿者さんが運転する車が交差点の青信号を直進しようとしたところ、左方向から自転車が飛び出してきます。クラクションを鳴らしたことで自転車は横断をやめ、くるりと反転しましたが、投稿者さんのコメントによると、車が通過したあと、自転車はすぐに信号無視して交差点を横断してしまったようです。自転車も車両ですので、道路交通法は必ず守りましょう。

ドラドラ動画月間コンテストに投稿しませんか?

 いかがでしたか? 映像を提供いただいたドラドラ動画では、毎月公開された動画の中から特に印象に残った動画を選出する「ドラドラ動画 月間コンテスト」を実施しています。選出の基準は「交通安全や交通マナー向上への寄与」、「ドライブ中の感動や驚きの共有」で、MVP動画には現金1万円、準MVPの2動画にはクオカード1,000円券がプレゼントされます。安全運転のために役立てたいというドライブレコーダー動画をお持ちの方は、応募してみてはいかがでしょうか。

【応募期間】毎月1日~末日まで
【応募方法】ドラドラ動画に投稿
【賞  品】月間MVP(1動画):現金1万円/準MVP(2動画):弊社特製クオカード1000円券
【発  表】サイト上にて発表(翌月20日頃)

ドラドラ動画への投稿はこちらから!

ライターお勧めの関連記事はこちら