2021年12月01日 10:20 掲載

交通安全・防災 雪道での事故はスタッドレスタイヤに注意!?|長山先生の「危険予知」よもやま話 第4回

JAF Mate誌の人気コーナー「危険予知」の監修者である大阪大学名誉教授の長山先生に聞く、危険予知のポイント。本誌では紹介できなかった事故事例から脱線ネタまで長山先生ならではの「交通安全のエッセンス」が溢れています。

話・長山泰久(大阪大学名誉教授)

雪道での事故はスタッドレスタイヤに注意!?

編集部:今回の「危険予知」は雪道を扱った問題です。雪道というと、よく「急ブレーキや急ハンドルなど、"急"の付く操作をしないように」と聞きますが、雪道の問題点は具体的にどんな点にあるのでしょうか?

長山先生の「危険予知」よもやま 第4回|問題|くるくら

矢印

長山先生の「危険予知」よもやま 第4回|結果写真1|くるくら

長山先生の「危険予知」よもやま 第4回|結果写真2|くるくら

長山先生:まず、雪道は滑りやすいので、自分の思いどおりの運転ができなくなることを知っておく必要があります。

編集部:確かにそうですけど、"滑りやすい"ってことは誰でも知っていますよね?

長山先生:誰でも知っている当たり前のことですが、意外とそれを忘れて事故を起こしてしまうのです。雪道を走ったことがある人なら分かると思いますが、初めは慎重に走ります。でも、しばらく走っているうちに雪道に慣れてきて、慎重さが薄れてしまうのです。

編集部:たしかに初めはガチガチに緊張して運転しますけど、しだいに慣れてきて、途中からいつもとあまり変わらない感じで走っているかもしれません。特にいまのスタッドレスタイヤは性能がいいので、安心して走れますからね。

長山先生:そのとおりで、私はスタッドレスタイヤにも問題があると思いますね。

編集部:スタッドレスタイヤが問題ですか!?

長山先生:スタッドレスタイヤ自体に問題があるわけではありません。スタッドレスタイヤなら、それなりに雪道でもふつうに走れてしまう点に問題があるのです。チェーンのように音や振動があれば、あまり速度は出せませんが、スタッドレスタイヤは夏タイヤのように走れてしまうので、だんだんと速度が上がり、それが事故につながるような気がします。

編集部:そうかもしれません。でも、スタッドレスタイヤの性能も上がっているので、それに合った走り方とも言えるのではないでしょうか?

長山先生:もちろん、性能が上がったぶん、雪道でも止まりやすく、曲がりやすくなっていますが、通常の路面と同じように走れるわけではありません。スタッドレスタイヤを使うと、一見「ふつうに走れる」と思いがちですが、そこが落とし穴で、下の表のように通常の路面と雪道では摩擦係数(滑りやすさ)が根本的に違います。それに合わせた走り方をする必要があるにもかかわらず、いつもと同じ速度、いつもと同じ車間距離で走ってしまい、いざと言うとき「止まれない!」「曲がれない!」となってしまうのです。

長山先生の「危険予知」よもやま 第4回|摩擦係数表|くるくら

出典:『図解 自動車事故解析資料集』真正書籍

編集部:同じ雪でも、新雪と固めた雪(圧雪)では摩擦係数が違うのですね。

長山先生:そうです。雪の状態によって滑りやすさが違うので、そのぶん速度を抑えたり、ブレーキを早く踏むことが求められます。ただ、見た目ではなかなか判断できないので、「雪道は通常のアスファルトと違い、滑りやすいもの」という、極めて当たり前のことを忘れないで、"スピードを出すこと"、"急激な操作をすること"を避けることが大切ですね。また、雪以上に滑りやすいのが凍結路面で、"ブラックアイスバーン"には特に注意が必要です。

もっと【長山先生の「危険予知」よもやま話】を読む