2021年12月15日 13:00 掲載

次世代技術 日本車のガラパゴス化は本当か!? 電動化だけじゃない多様性の世界とは|清水和夫が徹底解説「クルマの未来」<連載 第4回>

カーボンニュートラルはバッテリーEVだけじゃない!? モータージャーナリスト清水和夫が次世代モビリティについて優しくひも解く人気連載。第4回は、日本の自動車メーカー5社が挑戦する電動化”以外”の試みについて解説します。

タグ:

文=清水和夫 写真=トヨタ自動車

なぜ水素エンジンでレースに参戦しているのか?

開発中の水素エンジンを搭載した車両でトヨタの代表取締役である豊田章男が、ドライバー「モリゾウ」としてレースに参戦した。

 トヨタのモリゾウさん(トヨタ自動車の社長)が、水素エンジン車でレースに参戦し、カーボンニュートラルの選択肢を増やすことが大切で、なにもバッテリーEV(BEV)の一本足打法ではないことを主張している。たしかにその考え方は正しくて、資源の少ない日本は省エネとエネルギーの多様性ではどの国よりも積極的に取り組んできた。しかし、ヨーロッパを中心とした脱炭素作戦は、自動車部門ではBEVを一気に普及させるという戦略を明確にし、そのニュースが独り歩きしている。

 報道の中には、ガソリンエンジンを使うHEV(ハイブリット)ばかり作っている日本はガラパゴス化し、BEVに遅れているのではないか、という間違った意見が目につく。そこで、自動車工業会会長でもある豊田章男さんことモリゾウさんはBEV以外のソリューションとして、水素燃料電池車を推し進めることで多様な選択肢があることを主張している。

 さらに仲間を増やすために、二輪四輪メーカー問わず、カーボンニュートラルの燃料を使って、一緒に耐久レースをしようと誘っている。モータースポーツを使ったカーボンニュートラルの仲間作りは素晴らしい発想だと思う。

 先日の岡山県のサーキットでは、川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機の5社がカーボンニュートラルの実現に向けて、積極的にモータースポーツに挑戦することを発表した。席上でモリゾウさんは「敵は炭素」と言い切っているので、化石燃料を減らすことには異論はないが、だからといっていきなりエンジンを廃止するのはナンセンス。早い話しが燃やす燃料を変えればエンジンは生き残れるというのが狙いだ。

川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機の5社は11月13日、カーボンニュートラル実現に向け、燃料を「つくる」「はこぶ」「つかう」選択肢を広げる取り組みに挑戦することを発表した。

気候変動と経済活動

 こうした動きの背景には、自動車メーカーの危機感が表れている。先月終幕した気候変動防止の国際会議COP26では、脱炭素に向けた各国の思惑が明らかになったが、その解決策は容易ではない。化石燃料に頼ってきた経済活動に大きな影響を与えてしまうので、経済と温暖化防止の両立はそう簡単ではない。

 歴史を振り返るとよくわかる。18世紀に本格化した産業革命で、化石燃料を燃やすことで大きな動力を人類は手に入れた。その後、化石燃料は電気を作る発電に利用され、もっと便利な社会に進化した。そして、20世紀はガソリン車の普及で、どこでも石油由来のガソリンを手に入れることが可能となり、石油が安かった時代は、アメリカではペットボトルの水よりも安い時代もあった。

「敵は炭素」と言い切る理由はどこにあるのか。約200年前から、人類は膨大な量の化石燃料を燃やことで近代化を推し進めてきた。20世紀には工業化が発達し、大量生産大量販売という経済活動が台頭した。こうして、化石燃料を燃やし続けた結果、大気のCO2濃度は急上昇し、地球が徐々に温められていった。人類の経済活動が地球環境に負のインパクトを与えたことは間違いないだろう。

ライターお勧めの関連記事はこちら