2017年12月29日 12:52 掲載

ニュース・プラス ジェットコースターかエレベーターか!?
スイスに世界一の急勾配を上る
ケーブル鉄道がオープン!


どんな斜面でも座席が平行に

 印象的なのはドラム缶を4つ並べたような車両デザインだ。これはどんな傾斜でも、乗客のシートを平行に保つために開発された斬新な形状で、ガラヴェンタ社の技術革新による世界初の試みであるという。画期的なアイデアである。

00_stoos_03.jpg

(c) Stoosbahnen AG

 今回のケーブル鉄道の新設は、1933年から使われてきた旧路線に代わって最新技術の車両と路線に置き換えられたもので、世界一長い吊り橋(記事はこちら)などと並び、またひとつスイスにハイテク技術による観光名所が誕生した。

 まるでジェットコースターのような雪山を走るケーブル鉄道の動画はこちら。

(c) Stoosbahnen AG

2017年12月29日(JAFメディアワークス IT Media部 荒井 剛)