2022年04月13日 19:00 掲載

クルマ 開幕戦は2レース制。
2022年シーズン開幕スーパーフォーミュラ

2022年4月10日に、日本のフォーミュラカーレースの最高峰である「スーパーフォーミュラ」の開幕戦が富士スピードウェイで開催された。今シーズンから従来の1大会1レース制から、数戦のみだが1大会2レース制が導入される。2レース制は土曜、日曜日ともに予選と決勝が行われる。開幕戦で、その2レース制が初開催となった。その模様をモータースライターの大串信が紹介する。

文・大串信(モータースポーツライター)

2022年シーズンのルーキー

2レース目を制したTEAM MUGENの野尻智紀

2レース目を制したTEAM MUGENの野尻智紀 写真=スーパーフォーミュラ

 全日本スーパーフォーミュラ選手権が49()10()、静岡県富士スピードウェイで開幕した。今シーズン参戦するチーム数は12で昨年と変わらないが、TEAM MUGENTEAM GOHがそれぞれ2台体制となった結果、ドライバー数は昨年よりも2名増加した21名となった。

 注目の新人は、スーパーフォーミュラライツからステップアップしてきた佐藤蓮(TEAM GOH)と三宅淳詞(TEAM GOH)2名。また、笹原右京(TEAM MUGEN)は、昨年、牧野任祐の代役として昨年序盤2戦に出走して以来、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELN TEAM TOM'S)は、昨年中嶋一貴の代役として開幕戦・富士と第6戦もてぎ以外のレースに出走して以来のスーパーフォーミュラ参戦で、どちらも初めてレギュラーとしてフルシーズンを闘うことになった。

2022年は予選フォーマットを変更

開幕戦は富士スピードウェイで開催。富士山の手間に見える建設中の建物は戦時発表された富士モータースポーツフォレストの一部

開幕戦は富士スピードウェイで開催。富士山の手前に見える建設中の建物は先日発表された富士モータースポーツフォレストの一部 写真=スーパーフォーミュラ

 今シーズンの開幕大会は、シリーズ第1戦の公式予選と決勝レースを土曜日、シリーズ第2戦の公式予選と決勝レースを日曜日に開催する1大会2レース制で運営された。今シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権では3回の2レース大会が予定されており、シリーズは全7大会、10レースとなる。

 これに伴い公式予選フォーマットも変更され、従来通りノックアウト方式ながら、これまでQ1Q2Q33段階で選抜が行われていたところ、今シーズンはQ1AB組それぞれ11台と10台で行い、上位6台ずつ12台がQ2で最終的なスターティンググリッドを競う2段階となった。


モータースポーツに関する記事