2021年09月04日 18:40 掲載

クルマ 日本に1台のみのロールス・ロイス
ファントム テンパス コレクション。
車内は無限に広がる宇宙。

ロールス・ロイスは、世界限定20台となる特別限定車「ファントム テンパス コレクション」を2021年7月に発表。その1台が日本に輸入され、8月にコーンズ・コレクション梅田ギャラリーにて納車式が行われた。同車のデザインコンセプトは「時間と宇宙の広がり」で、車内は星空に包まれたような幻想的な空間となっている。

くるくら編集部 小林 祐史

星が瞬くインテリア

室内に星空のようなイルミネーションが施されたロールス・ロイス ファントム テンパス コレクション

星空のようなイルミネーションが施されたファントム テンパス コレクションの車内 写真=ロールス・ロイス

 ロールス・ロイスは、20217月にアメリカのカリフォルニア州で、世界限定20台となるファントムの特別限定車「テンパス コレクション」(以下テンパス)を発表した。その1台が日本に輸入され、同年8月に大阪にあるコーンズ・コレクション梅田ギャラリーにて納車式が行われた。

 テンパスとはラテン語で「時間」を意味する言葉だ。その言葉を冠する世界限定20台のファントムのデザインは、時間や宇宙の無限の広がりを感じさせる幻想的なものとなっている。例えば、インテリアでは天井に「パルサーヘッドライナー」と名付けられた刺繍と、光ファイバーによるイルミネーションで装飾されている。このイルミネーションは星の瞬き(パルサー)を再現するために光が強弱するもので、星雲を表現した刺繍と相まって無限に広がる宇宙空間の美しさに演出する。このイルミネーションは天井だけでなく前後ドア内張にも施されており、後席だけでなく前席にも幻想的な空間が広がる。

星雲を表現した刺繍と数百に及ぶイルミネーションで幻想的な世界が広がるロールス・ロイス ファントム テンパス コレクションの室内

星雲を表現した刺繍と数百に及ぶイルミネーションで幻想的な世界が広がる室内 写真=コーンズ・モータース

ロールス・ロイスに関する記事