2020年01月06日 11:00 掲載

クルマ 東京オートサロン2020・出展車両ガイド:マツダ・スバル・スズキ・ダイハツ・三菱編


神林 良輔

スズキは「ハスラーストリートベース」など、計10台を出展予定

 ホール7(東ホール)にブースを構えるスズキは、コンセプトカー3台、そのほか市販車7台を展示する予定だ。

 中でも要注目なのが、2019年12月24日にフルモデルチェンジして2代目が登場したばかりの軽クロスオーバーSUV「ハスラー」をベースにした、「ハスラーストリートベース」(画像7)だ。街中でBMXやスケートボード、ダンスなどのストリートスポーツを楽しむ若者のための基地をイメージしたという。

画像7。スズキが東京オートサロン2020で出展予定の「ハスラー ストリートベース」。

画像7。「ハスラー ストリートベース」。

 そして、コンパクト4WD「ジムニーシエラ」をベースに、大人のマリンレジャーをイメージしたという「ジムニーシエラ マリンスタイル」(画像8)と、スズキの人気大型バイク「KATANA」をイメージした「スイフトスポーツ カタナエディション」(画像9)も見逃せない。

画像8。スズキが東京オートサロン2020に出展する「ジムニーシエラ マリンスタイル」。

画像8。「ジムニーシエラ マリンスタイル」。

画像9。スズキが東京オートサロン2020に出展する「スイフトスポーツ カタナエディション」。

画像9。「スイフトスポーツ カタナエディション」。

 出展車両は以下の通りだ。

【コンセプトカー】
 ●ハスラー ストリートベース(2代目「ハスラー」ベース、画像7)
 ●ジムニーシエラ マリンスタイル(「ジムニーシエラ」ベース、画像8)
 ●スイフトスポーツ カタナエディション(「スイフトスポーツ」ベース、画像9)

【市販車】
 ●ハスラー×2台
 ●ジムニー
 ●スペーシア カスタム
 ●アルトワークス
 ●スイフトスポーツ
 ●クロスビー

 トークショーなどのステージイベントは現時点で発表されていないが、車両展示以外では、「スイフトスポーツVRシミュレーター」が設置される予定だ。

ダイハツは世界初公開となる「TAFT コンセプト」など、計9台を出展予定

 ホール6(中ホール)にブースを構えるダイハツのブーステーマは、「遊びゴコロをみんなのものに。」。コンセプトカー7台と、市販車のカスタマイズカー2台の計9台が出展される。

 東京オートサロン2020で世界初公開となるのが、2020年半ばの発売を目指して開発が進められている「TAFT コンセプト」だ(画像10)。同車は、"Tough & Almighty Fun Tool(タフ&オールマイティ・ファン・ツール)"をコンセプトにした軽クロスオーバー。日常生活からレジャーまで、アクティブに使えるのがポイントだという。

画像10。ダイハツが東京オートサロン2020に出展する軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」。

画像10。軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」。

 そのほか軽トラックにバーチャル歌姫をあしらったコンセプトカー「ハイゼット トラック 初音ミク マルシェ Ver.」(画像11)や、メーカーの垣根を越えてTOYOTA GAZOO Racingと共同開発した軽スポーツカー「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」(画像12)などが展示される予定だ。

画像11。ダイハツが東京オートサロン2020に出展する軽トラック「ハイゼット トラック 初音ミク マルシェ Ver.」。

画像11。軽トラックのコンセプトカー「ハイゼット トラック 初音ミク マルシェ Ver.」。

画像12。ダイハツが東京オートサロン2020に出展する軽スポーツカー「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」。

画像12。軽スポーツカー「コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.」。

 展示車両は以下の通りだ。

【コンセプトカー】
 ●TAFT コンセプト(画像10)
 ●タント CROSS FIELD Ver.
 ●タント カスタム Premium Ver.
 ●タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.
 ●ハイゼット トラック 初音ミク マルシェ Ver.(画像11)
 ●ハイゼット トラック PEAKS Ver.
 ●ハイゼット トラック DJ Ver.

【市販車】
 ●ロッキー Sporty Style(パーツ・アクセサリー装着車)
 ●コペン GR SPORT カスタマイズ Ver.(カスタマイズ仕様、画像12)

 イベント関連は、カスタマイズの楽しさを身近に感じてもらうことを目的とし、マンガ家の田中むねよし氏による、「TAFT コンセプト」を題材にした「ライブドローイングショー」を実施。田中氏が来場者とコミュニケーションを取りながら、その場でイラストを描くという。また、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツも用意。同社エンジニアがサポートし、実際のパーツを用いたエンジン組立体験を行い、来場者にクルマをより身近に感じてもらえるようにするとしている。

三菱は新型の軽スーパーハイトワゴンなど、計7台を出展予定

 ホール9から10(北ホール)にかけてブースを構える三菱は、新型の軽スーパーハイトワゴンを2台と、カスタマイズカー5台を出展する予定だ。

 新型の軽スーパーハイトワゴンの車名は現時点で公表されていない。ただし、東京モーターショーで発表された「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」(画像13)の市販モデルである可能性が高い。三菱は同車を2019年度内に発売するとしており、東京オートサロン2020はお披露目の場として最適と思われるからだ。

画像13。三菱が東京モーターショー2019で出展した「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」。

画像13。三菱が東京モーターショー2019で出展した「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」。

 そのほか、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」ファンから注目されているのが、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)のミドルサイズSUVをベースにした「アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様」だ(画像14)。アプリなどによる防災情報配信サービスを行うゲヒルン株式会社とのコラボレーションにより実現した災害対策車で、衛星通信によるインターネット接続サービスを提供することなどが可能だ。

画像14。三菱が東京オートサロン2020に出展する「アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様」。

画像14。「アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様」。

 そして、ミニバン「デリカD:5」をベースに、テリー伊藤氏がプロデュースした「デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤」(画像15)や、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の「週末探検家仕様」なども展示される。

画像15。三菱が東京オートサロン2020に出展する「デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤」。

画像15。「デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤」。

 出展車は以下の通りだ。

【市販車】
 ●新型・軽スーパーハイトワゴン

【コンセプトカー】
 ●ek クロス WILD BEAST Concept
 ●アウトランダーPHEV 特務機関NERV仕様
 ●デリカD:5 ALL BLACKS サポートカー
 ●デリカD:5 eye・キュート produced by テリー伊藤(画像15)
 ●エクリプス クロス 週末探検家仕様

 イベントに関しては、1月10日15時30分から、演出家・コメンテーターのテリー伊藤氏を招いてのトークショーを実施する予定だ。

東京オートサロン関連記事