2022年01月17日 12:20 掲載

ライフスタイル 免許更新時の認知機能検査。都内の一部でWEB予約可能に

75歳以上が運転免許更新時に受ける認知機能検査において、スマートホンやPCからWEBで24時間予約できるシステムの運用が始まった。現状、WEBから予約できるのは都内の5か所のみだが、今後の広がりを期待したい。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

24時間WEBで予約可能に。ただし現在は都内の5か所のみ

老夫婦によるWeb予約作業のイメージ

© metamorworks - stock.adobe.com

 運転免許の更新期間が満了する日の年齢が75歳以上の高齢ドライバーは、更新前に「認知機能検査」を受け、その結果に基づいた高齢者講習を受けなければならない。認知機能検査とは、高齢ドライバーが公道を運転する上で、記憶力や判断力に問題がないか判定をするものだ。

 この認知機能検査を受けるには予約が必要だが、現在は電話予約のみ。ただ、コールセンターに時間制限があるなど不便な面もあった。

 こうした現状を踏まえて、警視庁では、スマートフォンやパソコンから24時間予約ができるシステムを構築し、1月4日から、都内の運転免許試験場など5か所を対象に運用を開始した。

高齢者の運転免許更新までの流れ

高齢者の運転免許更新まで流れ 出典=警視庁

【WEB予約受付対象の「認知機能検査」実施場所一覧】

  • 鮫洲運転免許試験場(東京都品川区)
  • 府中運転免許試験場(東京都府中市)
  • 江東運転免許試験場(東京都江東区)
  • 警視庁滝野川庁舎(東京都北区)
  • 警視庁八王子分室(東京都八王子市)

 WEB予約は、警視庁WEBサイト「認知機能検査と高齢者講習」のページ、もしくは「検査と講習のお知らせ」はがき裏面にあるQRコードから「認知機能検査予約」ページにアクセスし、「検査と講習のお知らせ」はがきに記載されている4桁の予約番号、免許証番号などの必要事項を入力して行う。予約の確認やキャンセルについても行える。もちろん、この5か所についても、従来通り電話での予約は可能だ。

 高齢者が対象だけに、WEBの利用は難しいのではという意見があるかもしれないが、家族や知人が予約を手伝うことも多いため、予約方法が広がることは大きなメリットだろう。まだ5か所なので該当する人は少ないと思われるが、今後、全国的に広まることが期待される。

「認知機能検査」Web予約の流れ(1~4)

「認知機能検査」Web予約の流れ(5~7)

「認知機能検査」Web予約の流れ(1~7) 出典=警視庁

ライターお勧めの関連記事はこちら