2021年07月01日 06:00 掲載

ライフスタイル オリパラ期間中の交通規制に注意。
【前編】オリンピックスタジアム・東京体育館・国立代々木競技場

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催期間は、2021年7月23日~9月5日。この間、競技会場周辺では通行規制エリアを設けるなど交通規制が実施される。開催期間中の主な規制について、前編(オリンピックスタジアム、東京体育館、国立代々木競技場周辺)と、後編(日本武道館・東京国際フォーラム・国技館)に分けて紹介する。

くるくら編集部 会田 香菜子

競技場周辺で大規模な交通規制

東京オリンピックの開催にともない、競技場周辺で大規模な交通規制が実施される。

© yu_photo - stock.adobe.com

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京オリンピック・パラリンピック)が7月23日~9月5日にわたって開催される。大会期間中は、競技会場周辺等で大会関係車両をスムースに走らせるため、一般車両への規制等があり混雑が予測される。東京都オリンピック・パラリンピック準備局では、競技会場周辺の交通規制区間を発表しているので、予め注意しておきたい。

 規制は、大会関連工事による規制を含むため、既に一部区間では通行禁止などの規制が敷かれている。規制区分は通行禁止、進入禁止、迂回エリア、専用・優先レーンの4種がある。詳細は以下の通り。

【競技会場周辺の交通対策区分】

進入禁止エリア
規制内容:大会関係者以外の車両や歩行者、自転車は通行不可
規制理由:競技会場等の設置
方法:会場等を囲むフェンス等を設置

通行規制エリア
規制内容:自動車・原付等の通過通行不可。歩行者、自転車は原則、通行可。
規制理由:通過交通の規制
方法:規制標識を設置し通過交通を制限

迂回エリア
規制内容:自転車・原付等の通過通行は迂回。歩行者、自転車は原則、通行可。
規制理由:通過交通の抑制
方法:案内看板や広報等により、会場直近を通り抜けしようとする車両の迂回を促す。

専用レーン・優先レーン
規制内容:専用レーン 大会関係車両以外は通行禁止
     優先レーン 大会関係車両が通行していない場合は通行可
規制理由:大会関係車両の定時性確保
方法:規制標識等を設置し、大会関係車両の通行帯を指定

 基本的には一般車両の通行を規制するものだが、例外として、通行規制エリアと迂回エリアは、居住者、業務や施設利用等の所用がある車両に限り原則通行可能となる。また、一部ICにおいても通行禁止となる場合があるので注意が必要だ。

オリンピックスタジアム・東京体育館周辺の交通規制

オリンピックスタジアム、東京体育館周辺の交通規制マップ

オリンピックスタジアム、東京体育館周辺の交通規制マップ 出典:(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、警視庁

 オリンピックスタジアム(東京都新宿区)と東京体育館(東京都渋谷区)周辺では、下記の場所と日程で交通規制が実施される。周辺道路では細かく規制が区分けされているため、詳細は「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」のホームページでの確認をお勧めする。

【進入禁止エリア】

外苑西通り(都道418号)
2021年7月3日~9月8日、終日

都道414号(オリンピックスタジアム北側)
2021年7月3日~9月16日、終日

都道414号(東京体育館北側)
2021年6月27日~9月16日、終日

都道414号(明治神宮外苑東側)
2021年6月30日~7月11日(※)/7月12日~9月9日/9月10日~9月21日(※)、終日
(一部区間、6月18日~9月21日まで終日通行禁止)

都道414号(明治神宮外苑北側歩道)
2021年6月18日~9月16日、終日

都道414号(明治神宮外苑西側)
2021年6月8日~9月30日、終日

新宿区道650号
2021年6月8日~9月30日、終日

新宿区道651号
2021年6月8日~9月30日、終日

新宿区道670号
2021年6月8日~9月30日、終日

新宿区道690号
2021年6月29日~9月13日、終日

【通行規制エリア】

都道414号(東京体育館側)
2021年6月27日~9月16日、終日

都道414号(オリンピックスタジアム側)(※)
2021年7月3日~9月16日、終日

都道414号(明治神宮外苑北側)(※)
2021年6月8日~9月30日、終日

都道414号、新宿区道650号(明治神宮外苑北側)
2021年6月30日~7月11日(※)/7月12日~9月5日/9月6日~9月21日(※)、終日

都道414号(明治神宮外苑東側)(※)
2021年6月30日~9月21日、終日

外苑西通り(都道418号)(※)
2021年7月3日~9月8日、終日

渋谷区道608号(※)
2021年7月19日~8月8日 5時~翌2時、8月24日~9月5日 終日

渋谷区道670号(車道)(※)
2021年6月29日~9月13日、終日

渋谷区道869号(※)
2021年7月3日~9月8日、終日

渋谷特別区道703号、新宿区道41-700号(※)
2021年7月3日~9月8日、終日

渋谷区道1044号(※)
2021年6月29日~9月13日、終日

※ 居住者に加え業務や施設利用等の所用がある車両は原則通行可

【専用レーン】

外苑東通りの信濃町歩道橋付近の四谷方向、左側1車線
2021年7月19日~8月8日 5時~翌2時/8月24日~9月5日 終日

【ICの規制】

外苑IC入口(上)
2021年7月3日~9月16日、終日通行禁止

外苑IC入口(下)
2021年7月3日~9月8日、終日通行禁止

国立代々木競技場周辺の交通規制

国立代々木競技場周辺の交通規制マップ 

国立代々木競技場周辺の交通規制マップ 出典:(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、警視庁

 国立代々木競技場(東京都渋谷区)は、7月16日~9月5日にわたり代々木公園、岸記念体育館を含む敷地が進入禁止エリアとなる。そのため、敷地内への大会関係者以外の立ち入りが禁止される。ただし、進入禁止エリア周囲の歩道(都道413号沿い、井の頭通り沿い)などは通行可能で、代々木競技場と代々木公園の間に設置されている展望デッキ歩道橋についても通行可能とのことだ。

 また、大会期間中は代々木競技場北側、都道413号の信号機及び横断歩道を一時撤去し、約200m東へ移設する予定だ。

 優先レーンは、渋谷区役所前交差点~井の頭通り 代々木IC区間の左側1車線。規制期間と時間は以下の通り。

【優先レーン規制日時】

2021年7月19日~8月8日 5時~翌2時
2021年8月24日~9月5日 5時~翌1時

 そのほか、各競技場周辺では路上駐車対策として、カラーコーン等が設置される予定だという。実に細かく規制されるので、期間中に当該エリアへクルマで出かける予定がある人は、事前に迂回ルートを確認し、時間に余裕を持って出発するようにしたい。

ライターお勧めの関連記事はこちら