2021年04月25日 06:00 掲載

ライフスタイル E1A 新名神・大津JCT(仮称)~亀山西JCTの6車線化工事 。車線規制は2021年5月から

NEXCO中日本名古屋支社とNEXCO西日本関西支社は、E1A 新名神高速道路(以下、新名神)・大津JCT(仮称)~亀山西JCTの6車線化工事にともなう車線規制を2021年5月から開始する。長期間にわたり夜間車線規制や固定規制を実施予定で、路肩の幅員が一部狭くなる区間もあるため、両社では走行の注意を呼びかけている。

タグ:

くるくら編集部 会田 香菜子

車線規制区間は大津JCT(仮称)~亀山西JCTの約41km

新名神6車線化工事の対象区間図

出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

 新名神高速道路(以下、新名神)では、名神高速道路(以下、名神)とのダブルネットワークを強化するため6車線化事業が進められている。今回事業の対象となる区間は、E1A 新名神・大津JCT(仮称)~亀山西JCT(上下)の約41kmだ。

車線規制イメージ(左)、固定規制イメージ(右)

出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

 NEXCO中日本名古屋支社とNEXCO西日本関西支社では、この6車線化工事にともない、5月から車線規制を開始することを発表した。規制では、長期間にわたり夜間車線規制や固定規制を実施する。

新名神の6車線化工事内容:土工工事図

 6車線化工事内容:土工工事 出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

新名神の6車線化工事内容:橋梁工事図

6車線化工事内容:橋梁工事 出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

新名神の6車線化工事内容:トンネル工事図

6車線化工事内容:施設工事トンネル工事 出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

 固定規制では、路肩部分に連続して仮設防護柵を設置するため路肩の幅員が一部狭くなるので走行の際には注意が必要だ。規制情報に関しては、NEXCO中日本とNEXCO西日本の公式Webサイト「工事規制情報」や「アイハイウェイ」にて随時確認可能だ。

NEXCO中日本公式Webサイト「工事規制情報」URL:https://www.c-nexco.co.jp/construction/

「アイハイウェイ中日本」URL:https://www.c-ihighway.jp/pcsite/

NEXCO西日本公式Webサイト「工事規制情報」URL:https://www.w-nexco.co.jp/traffic_info/construction/

「アイハイウェイ西日本」URL:https://ihighway.jp/pcsite/

大型車と普通車の混在による事故の減少などに期待

新名神の大型車及び全車の通行状況(2009年~2017年)

出典:NEXCO中日本、NEXCO西日本

 6車線化で得られる効果には、車線の拡幅による走行快適性が期待される。また、次世代の物流システムとして注目されている「ダブル連結トラック」や「トラック隊列走行」を実現を見据え、高速道路の機能強化により安全な走行を確保することもねらいだ。NEXCO中日本とNEXCO西日本の統計によると、新名神の大型車交通量は年々増加傾向にあり、2017年には8年前の1万3300台/日から1.6倍の2800台/日までに増加。全ての車種では3万9600台/日から1.2倍の4万8600台/日に増加した。交通量の増加により、低速度の大型車と高速度の普通車の混在による事故のリスクが高まっていると考えられるが、6車線化後にはその緩和による安全性の向上も期待できる。

 さらに、災害発生時の代替路確保も可能になる。例えば、名神が地震や降雪などで通行止めになった場合でも、6車線化した新名神を代替路とすることで、安定した交通確保ができるようになるという。今後本格化する名神のリニューアル工事実施時においても、迂回車両による新名神の交通量増加に対応し、渋滞の発生を抑制する効果が見込まれている。

 今後は、2022年度を目標に工事が完了した区間から順次開通予定とのことだ。NEXCO中日本とNEXCO西日本では、当該工事による交通規制のための走行の注意とともに、出かける前には最新の交通状況を確認するよう協力を呼びかけている。

ライターお勧めの関連記事はこちら