2022年11月04日 07:00 掲載

ライフスタイル カープナンバーが広島でも実現か?「図柄入りナンバープレート」導入へアンケート実施中!

広島市は、「地方版図柄入りナンバープレート」について、広島ナンバー地域での導入に向けた図柄アンケートを実施している。すでに福山ナンバーで実施されているカープナンバーの別デザイン案もあったり、どれも広島らしいユニークなもの。アンケート実施期間は11月14日まで。

文=くるくら編集部
画像=広島市、福山市

広島ナンバーの「カープデザイン」は採用なるか!?

「地方版図柄入りナンバープレート」広島ナンバー地域での導入に向けた図柄アンケートを実施 画像=広島市

画像=広島市

 広島市は、国土交通省で2018年10月から交付を開始している「地方版図柄入りナンバープレート」について、広島ナンバー地域での導入に向けた手続きを進めている。「地方版図柄入りナンバープレート」とは、地域の観光資源等を図柄とすることにより、地域の魅力を全国に発信できるとともに、統一の図柄を利用することで、地域の一体感の醸成につながることが期待されるものだ。

 今回、導入に向けた手続きの一つとして、A案からD案までの4つの案から、住民にアンケートを実施。最も支持の多かった案を、広島ナンバー地域で導入する図柄として、国土交通省へ提案する流れとなる。

 アンケートは、広島ナンバー地域の市町に在住の方か、広島ナンバー地域の市町内に事業所を持つなど、広島ナンバーの取得が可能な方が対象。回答方法は、広島市のホームページから投票する方法と、該当地域の各市役所・町役場に設置するアンケート用紙を、広島市広域都市圏推進課まで郵送またはファックスで提出する方法が設けられている(投票回数は、いずれかの方法で1人1回)。締め切りは11月14日の24時まで(郵送の場合は11月14日消印まで有効)。アンケート結果は11月下旬に広島市のホームページで公表を予定しており、交付開始時期は2023年10月頃の予定となっている。

※広島ナンバー地域
広島市、呉市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町(計15市町)

【図柄の候補】

A案:「カープ」

A案:「カープ」を活用した図柄 画像=広島市

B案:主要プロスポーツチーム「カープ、サンフレッチェ広島及び広島ドラゴンフライズ」

B案:「カープ、サンフレッチェ広島及び広島ドラゴンフライズ」を活用した図柄 画像=広島市

C案:世界遺産「原爆ドーム及び嚴島神社」

C案:「原爆ドーム及び嚴島神社」を活用した図柄 画像=広島市

D案:広島を連想させる地域資源「もみじ、牡蠣及びレモン」

D案:「もみじ、牡蠣及びレモン」を活用した図柄 画像=広島市

※軽自動車(自家用)は「黄色」、登録自動車(事業用)は「緑色」、の縁取りが施される。

福山版図柄入りナンバープレートはカープデザイン!

 広島県内では2018年に、福山ナンバーで、カープデザインの自動車用ナンバープレートを導入している。そのため、「あれ、福山ナンバーと同じデザイン?」と思った方もいるかもしれないが、よく見ると、(現段階の案では)カープ坊やのポーズ、内側のライン、ボールの縫い目に違いがあるのだと広島市役所の担当者が教えてくれた。

福山版図柄入りナンバープレート 画像=福山市

「福山版図柄入りナンバープレート」 どこが違うかわかるかな? 画像=福山市

 広島への郷土愛が伝わってくる親しみやすいデザインばかり。さて、一体どのデザイン案が選ばれるのか、結果が楽しみだ。

図柄入りナンバープレートについてのアンケートWebサイト
https://www.city.hiroshima.lg.jp/ques/questionnaire.php?openid=874&check

ライターお勧めの関連記事はこちら