2022年08月16日 13:00 掲載

ライフスタイル 全国道の駅 満足度ランキング2022。ナンバーワンはどこの駅!?

近年、キャンプ施設や温泉施設が併設されるなど、休憩利用やおみやげの購入だけでなく、ドライブの目的地としても注目される道の駅。そんな道の駅に実際に訪れたユーザーの声を集めた「満足度ランキング2022」が発表された。上位にランクインした道の駅を紹介しよう。

くるくら編集部

全国道の駅 満足度ランキング2022

 旅行情報誌『じゃらん』は、自社アンケート結果に基づき、全国の道の駅(北海道、沖縄県を除く)の満足度トップ10を発表した。全国道の駅 満足度ランキング2022のトップ10を見てみよう。

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|全国道の駅グランプリのトップ10

全国道の駅 満足度ランキング2022。 出典=株式会社リクルート 

【全国道の駅 満足度ランキング2021】
※順位、施設名、所在地域、満足率の順に記した。
1位:道の駅 川場田園プラザ(群馬県川場村)90.5%
2位:道の駅 上品(じょうぼん)の郷(宮城県石巻市) 83.6%
3位:あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市)83.2%
4位:道の駅 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)81.1%
5位:道の駅 なみおか アップルヒル(青森県青森市)79.7%
6位:道の駅 ららん藤岡(群馬県藤岡市) 78.9%
7位:道の駅 しちのへ(青森県上北郡)77.8%
8位:道の駅 あわじ(兵庫県淡路市)77.1%
9位:道の駅 象潟(きさかた)ねむの丘(秋田県にかほ市)76.9%
10位:道の駅 雫石あねっこ(岩手県雫石町)76.1%

 ランキングのトップ5までに入った道の駅を抜粋し、どんな道の駅なのか紹介しよう。

1位 道の駅 川場田園プラザ(群馬県川場村)

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|道の駅 川場田園プラザ(群馬県川場村)

道の駅 川場田園プラザ(群馬県川場村)。 画像=株式会社リクルート

 栄えある1位に輝いたのは、武尊山の麓に広がる自然豊かな道の駅「川場田園プラザ」。広大な敷地内には、地元の農産物や食材を使った加工品の直売所、蒸気機関車「SL-D51」が展示されているレストラン、ベーカリー、さらにはビール工房も備えるなど、飲食店が充実。

 また、ブルベリーの摘み取り体験や陶芸教室などの体験コーナーも用意されていて、食から遊びまで楽しめる道の駅だ。

2位 道の駅 上品の郷(宮城県石巻市)

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|道の駅 上品(じょうぼん)の郷(宮城県石巻市)

道の駅 上品の郷(宮城県石巻市)。 画像=株式会社リクルート

 2位にランクインしたのは、三陸道・河北ICから500mの国道45号沿いに位置する道の駅「上品の郷(じょうぼんのさと)」。

 宮城県内の道の駅で唯一、温泉保養施設が併設された道の駅である(2022年8月現在)。農産物直売所では、地元のエコファーマー認定を受けた農家の野菜をはじめ、三陸の水産加工品や惣菜などが販売。レストランでは、古くからサバだしやカツオ節を使う食文化があるという同地区の食文化をもとに開発された「サバだしラーメン」のほか、地域の特産品をふんだんに使用したオリジナルなグルメを楽しむことができる。

3位 あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市)

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市)

あ・ら・伊達な道の駅(宮城県大崎市)の外観。 画像=株式会社リクルート

 昨年1位から2ランクダウン。3位となったのは宮城県大崎市の北西部に位置する「あ・ら・伊達な道の駅」。地域の農産物直売所や特産品、おみやげなど、300種類以上の品揃えを誇るショッピングコーナーや、旬の野菜や地元食材を使用したバイキング、地域内外の芸達者によるステージショーなど、さまざまな見どころがある道の駅だ。

 駅名にある「伊達」は、戦国武将・伊達政宗のこと。伊達政宗が仙台に居城を構える以前、この地域を本拠地としていたことを由来としている。同駅周辺には、伊達政宗ゆかりの観光スポットが多数ある。

 また、姉妹都市である北海道石狩郡当別町に工場がある人気製菓店「ROYCE'(ロイズ)」の販売店があり、限定商品やソフトクリームを販売しているのも特徴である。

4位 道の駅 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|道の駅 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)

道の駅 伊東マリンタウン(静岡県伊東市)。 画像=株式会社リクルート

 海沿いに立ち並ぶカラフルな建物が特徴的な道の駅「伊東マリンタウン」は4位にランクイン。マリーナ(※)も併設された大型の道の駅で、地域の特産品などを販売するショップやレストランのほか、朝日が望める日帰り温泉、ワンちゃん専用足湯などの施設がある。

 さらに目の前に広がる伊豆の海において、グラスボート式遊覧船を2タイプ運航。海上の景観を眺めたり、船内から海中を覗きこみ魚を観察したり、船上でカモメの餌付けをしたりと、クルージングを楽しむことができるという。

 ※マリーナとは、ヨット、モーターボートなどを係留・保管する機能を持つ湾岸施設。漁船が利用する「漁港」や、旅客船・貨物船などの商船が利用する「商港」とは異なる。

5位 道の駅 なみおか アップルヒル(青森県青森市)

道の駅|ランキング|2022|満足度|道の駅グランプリ|じゃらん|なみおか アップルヒル(青森県青森市)

道の駅 なみおか アップルヒル(青森県青森市)。 画像=株式会社リクルート

 5位は、 国道7号線・青森~弘前間のほぼ中間地点に位置し、青森空港や東北道・浪岡ICからもアクセス良好な道の駅「なみおか アップルヒル」。

 地域の農産物直売所や特産品、おみやげなどを販売するショッピングコーナーや、旬の野菜や地元食材を使用したレストランはもちろん、施設内で運営する「アップルヒル 観光りんご園」が特徴の道の駅。

 観光リンゴ園では、春は「りんごの花まつり」、秋は「りんごのもぎ取り体験」、冬は「冬の観光林檎園」(りんごの実を収穫せずに冬まで残し、雪の積もったリンゴを鑑賞する)と、季節ごとにりんごを使った観光事業を開催している。
 
 また、11月に収穫した「サンふじ」を降雪とともに雪中へ埋蔵し、春の雪解けとともに掘り出すことで甘みをアップさせた「雪むろりんご」や、手作りのアップルパイ、りんごジェラートなど、りんごを使ったグルメも充実している。


 上位にランクインした道の駅は、地域の農産物や特産品を販売するショップやレストランのほかに、温泉施設、ものづくりや農業体験など、幅広いニーズに応えてくれる、ドライブの目的地となり得る道の駅が多かった。このような道の駅を目的地にして、ドライブを計画してみてはいかがだろうか。

【道の駅 満足度アンケートの調査概要】
調査時期:2022年3月15~18日
調査対象:45都道府県在住 20~50代
有効回答数:3805件
調査方法:東北、関東、東海、関西、中国、四国、九州の7エリアを対象とし、各エリアの満足度ランキングベスト10にランクインした66施設を選択肢として設定。
過去3年以内に訪れたことのある施設の中から、「満足した」、「良かった」と思う施設を3つまで選択。利用経験者数が80人以上の施設を集計。

ライターお勧めの関連記事はこちら