2022年06月29日 20:20 掲載

ライフスタイル セブンイレブンファン注目の「セブン自販機」、東北道・大谷パーキングエリア(PA)に登場

東北道・大谷パーキングエリア(下)に、セブンイレブンのおにぎりやサンドイッチが買える「セブン自販機」が導入される。販売開始は7月11日(月)15時からの予定。

文=くるくら編集部

セブンイレブンのおにぎりやサンドイッチが24時間購入できる!

 NEXCO東日本および、ネクセリア東日本は、627日、E4東北自動車道・大谷PA(下)に新たに自動販売機コーナーを整備し、「セブン自販機」を4台導入すると発表した。

 セブン自販機とは、セブンイレブンの店舗で売られているおにぎりやサンドイッチと同じものを、24時間買うことができる専用の自動販売機。NEXCO東日本での導入は初めてで、販売開始は7月11日(月)15時からの予定。夜間の売店営業時間外に高速道路を利用するドライバーにはもちろんのこと、セブンイレブンファンにも見逃せない自販機だ。

セブン自販機では、セブンイレブンのおにぎり、サンドウィッチ、パン、お菓子などが購入できる。 画像=セブン‐イレブン・ジャパン

【自動販売機コーナー概要】
・販売開始日時:2022年7月11日(月)15時00分
・営業時間:24時間営業
・営業内容:セブン自販機 4台、飲料自販機 3台
・販売商品例:おにぎり、サンドウィッチ、パン、お菓子 等
・利用可能通貨:現金のほか、電子マネー(nanaco・交通系ICカード)も利用できる
※作業状況により、販売開始時間が前後することがある。

大谷PA自動販売機コーナーの位置図 画像=NEXCO東日本

E4東北自動車道・大谷PA(下)の位置図。 画像=NEXCO東日本

ライターお勧めの関連記事はこちら