2022年05月17日 11:00 掲載

ライフスタイル 『イタリア発 大矢アキオの今日もクルマでアンディアーモ!』第27回
赤いイタリア車、実は「だいたいが外国のお客さん」という法則!

イタリア車といえば赤!という認識、実は間違っていた!? イタリア・シエナ在住の人気コラムニスト、大矢アキオがヨーロッパのクルマ事情についてアレコレ語る人気連載。第27回はクルマのボディカラーについて。

文と写真=大矢アキオ(Akio Lorenzo OYA)

赤はたった7%

2022年4月、シエナの城塞脇にある無料駐車場にて。大多数のクルマが無彩色で、有彩色は極めて少ないことがわかる。2022年4月、シエナの城塞脇にある無料駐車場にて。大多数のクルマが無彩色で、有彩色は極めて少ないことがわかる。

 イタリア車といえば、日本では赤いボディカラーの印象が強い。しかし本場では......というのが今回のお話である。

 イタリアでは5月になると、一気に外国ナンバーのクルマを見かける機会が増える。多くの地域で日本よりも春が短く、一気に夏の陽気になって観光シーズンが訪れるためである。そうしたクルマで面白いのは赤い塗色のイタリア車、とくに高級モデルは、かなりの確率でドイツ、スイスなどアルプス以北のナンバーが付いていることだ。いっぽう、イタリアナンバーの赤い高級車は、けっして多くない。

 理由は簡単である。「高級モデル」について先に説明すれば、イタリア政府は長年、大排気量車・高出力車に禁止税的な税制を敷いてきたためだ。たとえば1980年代初頭には、排気量2000cc以上のクルマに重税を課した。そのためフェラーリは「308」シリーズに、国内仕様として1990ccエンジンを搭載した「208」を設けたくらいだ。2011年からは最高出力185kW以上のクルマに1 kWあたり20ユーロ(約2700円)を課税している。

 これに従うと、出力375kWの「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ」の年間自動車税額は円換算で軽く60万円を超える。つまり、イタリアで高級車を維持するのは、けっして容易ではないのだ。

 次に肝心のカラーである。イタリアではここ約20年にわたり赤は人気が低い。国際的な自動車用塗料メーカー「PPG」が2022年に発表した、イタリア人が好む車体色は以下のとおりである。

1位 グレー 32%
2位 白   26%
3位 黒   18%
4位 ブルー 10%
5位 赤   7%

 つまり上位3つは無彩色であり、それらを合計すると、なんと76%におよぶ。そうした状況だから「イタリアナンバーの赤い高級モデル」を見る機会は稀なのである。

 実は、他のヨーロッパ諸国の人気色ランキングでも類似した結果だ。しかし、長年の外国人イタリア車ファンは、往年のグランプリカーのナショナルカラーである赤に今も憧憬を抱く人が少なくない。そのため"本場"に颯爽とやってくるイタリア車は赤である確率が高くなってしまうのである。筆者にいわせれば、ちょっとした外国人のお客さん発見器である。

ライターお勧めの関連記事はこちら