2021年11月16日 11:30 掲載

ライフスタイル まるで漫画の一コマ!
トヨタ博物館の「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! WRC」の展示が面白い

愛知県長久手市のトヨタ博物館で、2021年10月30日から開催されている企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」は、会場をマンガ仕立ての2.5次元をイメージした空間でラリーカーを展示。その2.5次元ぶりがユニークなので写真で紹介しよう。

タグ:

くるくら編集部 小林 祐史

「写真映え」な展示

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡

トヨタ セリカ ツインカムターボ(1985)とトヨタ セリカGT-Four1990)は峠道を激走する背景で展示されている 写真=小林祐史

 愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は、20211030日から2022417日まで、企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡」を開催している。同展は、公道で競技が行われるFIA世界ラリー選手権(WRC)で活躍した、日本のラリーカーを展示するものだ。トヨタ、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツといった日本のラリーカーを間近で見ることができる。

 この展示会がユニークなところは、その展示方法だ。「2.5次元」というコンセプトの元、展示スペースの背景にマンガタッチのモノクロイラストを展示し、激走するラリーカーを表現している。これを広角レンズなどで撮影すると、マンガとリアルの間にある2.5次元のような仕上がりになり、「映える」写真が撮影できるのだ。さらに写真をカラーからモノクロに変換すると、マンガの1コマを切り取ったような2.5次元な仕上がりとなる。

激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! - WRC 日本車挑戦の軌跡


この展示方法はどのようにして設計されたの?

ラリーに関する記事