2020年03月17日 18:50 掲載

ライフスタイル 開通前に予習! 首都高・横浜北西線利用マニュアル:横浜港北IC・JCT編


神林 良輔

横浜港北IC入口は第三京浜・港北IC入口と間違えやすいので注意が必要

画像12。首都高・横浜港北IC入口。

画像12。首都高・横浜港北IC入口。首都高・神奈川7号横浜北西線の高架下に設けられている。

 最も混乱しやすいのが、新設される首都高の横浜港北IC入口(画像12)へのアクセスだろう。第三京浜・港北IC入口が別個にあるため、慣れないうちは混同してしまう可能性があるからだ。首都高でもその点を考慮しいるからこそ、こうして複数の方面から同IC入口にアクセスする動画を用意している。まずはK7北西線(下り)にアクセスするための、3方面からの動画を掲載する。

 各動画は、横浜港北IC入口からは共通の内容となる。同IC入口からの連絡路を走行する際の注意点としては、急カーブかつアップダウンが続くこと。IC入口からの連絡路は上り坂のイメージだが、横浜港北ICの場合は地下に潜るので一度下るのだ(画像13)。

画像13。首都高・横浜港北IC入口からの連絡路は、一度下って地下を通過する。

画像13。横浜港北IC入口からの連絡路は、一度下って地下を通ってから上り勾配となる。「早送り中」は、動画の自動早送りシーンのこと。

 さらに進むと、途中で第三京浜からの連絡路が右から合流してきて2車線となる。この後は注意が必要で、K7北西線に乗るためには、舗装が青の右車線に移る必要がある(画像14)。入口からの連絡路の車線をキープすると赤の舗装の車線となり、K7北線に向かってしまうので間違えないようにしたい。

画像14。第三京浜からの連絡路が合流して、首都高・横浜港北IC入口からの連絡路は2車線となる。青の舗装の車線が神奈川7号横浜北西線に向かう連絡路。

画像14。第三京浜からの連絡路が合流して、横浜港北IC入口からの連絡路は2車線となる。舗装が青の車線がK7北西線に向かう。

一般道・新横浜元石川線(あざみ野・綱島・港北ニュータウン方面)から

画像15。一般道・新横浜元石川線の港北ニュータウンなどの方面から首都高・横浜港北IC入口から入って、横浜北西線(下り)へ乗るまでのルートだ。

画像15。動画4のアクセスルート(赤のライン)。一般道・新横浜元石川線の港北ニュータウンなどからK7北西線(下り)へ乗るまでのルートだ。

 横浜港北IC・JCTの最も近くを通る幹線道路が、新横浜元石川線だ(画像15の中央上から右下へ向かう幹線道路)。動画4は、新横浜元石川線をあざみ野、綱島、港北ニュータウンといった方面から新横浜方面へ向かってきて、K7北西線(下り)にアクセスする際の動画だ。

動画4『横浜港北入口「一般道(あざみ野・綱島方面)~横浜北西線(下り、横浜青葉・東京方面)」』。再生時間3分4秒。

 注意すべき点は、まず新横浜元石川線の「第三京浜港北IC入口」交差点に架かる陸橋を渡って川向線に入ること。新横浜元石川線⇒川向線の右折はできないからだ。そして最も注意すべき点が、最初のIC入口は第三京浜・港北ICのものなのでパスする必要があるということ(画像16)。

画像16。陸橋を渡って川向線に入ってすぐのIC入口(左のレーン)は第三京浜・港北ICのもの。首都高・横浜港北IC入口は直進した先だ。

画像16。陸橋を渡って川向線に入ってすぐのIC入口(左のレーン)は第三京浜・港北ICのもの。横浜港北IC入口は直進した先だ。

 その直後の交差点は直進だ(第三京浜・港北ICの出口なので、左折不可)。その先にK7北西線の高架があるが、真下にある交差点を左折すると、そこはもう首都高・横浜港北IC入口である(画像17)。

画像17。首都高・神奈川7号北西線の高架下の信号を左折するとそこが横浜港北IC入口だ。

画像17。K7北西線の高架下の信号を左折するとそこが横浜港北IC入口だ。

一般道・新横浜元石川線(新横浜方面)から

画像18。一般道・新横浜元石川線の新横浜方面からの首都高・神奈川7号横浜北線(下り)へ乗るまでのルートだ。

画像18。動画5のアクセスルート(赤のライン)。一般道・新横浜元石川線の新横浜方面からのK7北西線(下り)へ乗るまでのルートだ。

 動画5は、動画4の反対車線となる。新横浜元石川線を新横浜方面から向かう形で(画像18)、K7北西線にアクセスする動画だ。

動画5『横浜港北入口「一般道(新横浜方面)~横浜北西線(下り、横浜青葉・東京方面)」』。再生時間3分11秒。

 注意すべき点は、鶴見川に架かる小机大橋を渡ってすぐに、高速IC入口があるが、これは第三京浜・港北IC入口だ(画像19)。横浜港北IC入口は、「第三京浜港北IC入口」交差点で左折して川向線を進んだ先にあるので間違えないようにしよう。

画像19。新横浜元石川線に面している第三京浜・港北IC入口。ここは首都高・横浜港北IC入口ではないので誤進入に注意。

画像19。新横浜元石川線に面している第三京浜・港北IC入口。ここは横浜港北IC入口ではないので誤進入に注意。

 川向線に入ってしばらくすると、新横浜元石川線の港北ニュータウン方面からの陸橋が左側に合流してくる(画像20)。その直後の交差点は直進し、通過したら2車線あるうちの左車線に移っておこう。その先のK7北西線の高架下にある交差点で左折すれば、首都高・横浜港北IC入口だ。

画像20。新横浜元石川線の港北ニュータウン方面からの陸橋が左側に合流。この先の首都高・神奈川7号横浜北西線の高架下交差点を左折すると横浜港北IC入口だ。

画像20。新横浜元石川線の港北ニュータウン方面からの陸橋が左側に合流。この先のK7北西線の高架下交差点を左折すると横浜港北IC入口だ。

一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面から

画像21。一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面からのルートだ。

画像21。動画6のアクセスルート(赤のライン)。一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面からのルートだ。

 動画6は、K7北西線の高架下に新設された一般道からK7北西線(下り)にアクセスする際の動画だ。この新設された一般道は、横浜青葉IC・JCTの北側を通る幹線道路の緑産業道路(川崎町田線)と「東方町」交差点で接続している。横浜港北IC出入口周辺の川向地区や、緑産業道路を西へ向かった都岡地区などからのアクセスルートとなる。

動画6『横浜港北入口「一般道(都岡・川向方面)~横浜北西線(下り、横浜青葉・東京方面)」』。再生時間2分26秒。

 このアクセスルートの注意点はあまりない。横浜港北IC入口直前の交差点では、左折して川向線に入るレーンと、首都高に乗るための直進レーンに分かれるので、右のレーンに入っておくことぐらいだ(画像22)。

画像22。一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面から横浜港北IC入口にアクセスする際は、2車線のうちの右の直進レーンへ。

画像22。一般道・緑産業道路(川崎町田線)・都岡・川向地区方面から横浜港北IC入口にアクセスする際は、2車線のうちの右の直進レーンへ。

→ 次ページ:
続いてK7北線(上り)へのアクセスについて

首都高・神奈川7号横浜北西線の関連記事