2020年02月28日 15:10 掲載

ライフスタイル 空港リムジンバス利用者にマスク10,000枚配布。3月3日から先着順。

東京空港交通株式会社は、新宿駅西口と東京シティエアターミナル発の利用者を対象に、先着順にてマスク配布の実施をすることを発表した。配布数は10,000枚、期間は2020年3月3日~4月3日まで。

タグ:

JAF メディアワークス IT Media部 会田 香菜子

新宿駅西口、T-CAT発リムジンバス利用者にマスク10,000枚を配布

東京空港交通:リムジンバス利用者にマスク10,000枚を先着順で配布する。

配布マスク封入感謝シートデザイン例(出典:東京空港交通株式会社)

 
東京空港交通は、新型コロナウイルス感染の拡大における利用者に10,000枚のマスク配布を実施する。対象者は、新宿駅西口、東京シティエアターミナル(以下、T-CAT)発のすべてのリムジンバス利用者とのこと。期間は202033日(火)~43日(金)だが、先着順なので所定数に達し次第終了になる。

【東京空港交通 マスク配布概要】
日時:202033日(火)~43日(金)
実施個所:新宿駅西口発券カウンター、T-CAT3階 成田空港行リムジンバス発券カウンター
対象者:当日の乗車券を購入した全利用者
配布内容:マスク(10,000枚/先着順)

※所定数に達し次第終了。
※新宿駅西口では、発券窓口のほか12:0014:00の到着便でも配布。

新型コロナウイルス感染は日ごとに拡大し、日本国内でも各分野に影響を及ぼし始めた。走行中のバスや電車の車内は人通しの距離が近くなるため、マスク着用は効果がありそうだ。また、マスクがないときに咳やクシャミをするなら、最低限、口を手や腕でしっかり覆って飛沫が飛ぶのを防ぎたい。

ライターお勧めの関連記事はこちら