2019年03月04日 02:05 掲載

ライフスタイル 100年前の貴重な家屋を次の世代へ。文化遺産「旧安田邸」の耐震補強工事を見学してきた。

旧安田邸とは、大正8年に建てられた近代和風住宅。大きな震災などで倒壊する恐れがあることから、寄付金などを募り耐震工事が行われている。貴重な文化遺産としてのこの建物と、通常見ることのできない耐震施工の様子を紹介する。

タグ:

くるくら編集部 大坂 晃典

近代和風建築を代表する旧安田邸

1919年築の近代和風建築を代表する旧安田邸。大正・昭和期の山の手住宅と庭園が、災害や戦火を逃れ、そのままの姿で現存しているのは極めて稀だという。

千駄木の静かな住宅街にある「旧安田邸」

 旧安田楠雄邸庭園(以下旧安田邸)とは、かつて学者、実業家、文化人が多く住み、大邸宅が存在した千駄木(東京都文京区)にある住まいのこと。「豊島園」の創始者である実業家、藤田好三郎(ふじたよしさぶろう)によって1919年(大正8年)に建設された近代和風住宅だ。

 関東大震災後には、旧安田財閥の創始者・安田善次郎の女婿である安田善四郎が藤田家からこの屋敷を買い取り、安田家の所有となった。そして1995年、当主の楠雄氏が他界した後、公益財団法人日本ナショナルトラストに寄贈され現在に至っている。

 関東大震災や戦災によって東京都心部の山の手の住宅は多くが失われたが、旧安田邸はそのまま現存している貴重な文化遺産として、1998年に東京都の名勝に指定されている。

庭園と建物の美しい一体感も魅力

 旧安田邸の特徴は庭園と建物の一体感にある。東西に長い敷地の中に、雁行形と呼ばれる奥行きを持つ住宅があり、建物の中から存分に庭園を眺めることができる構造となっている。

主庭から臨む旧安田邸

主庭の景色は住宅内からの眺めを重視して造られており、眺める部屋によって印象が変わるという。写真は新緑の季節に撮影されたもの。

 住宅は台所を除いて奇跡的に創建当時のまま残されている。一度改装されたという台所も手が加えられたのは昭和初期。当時の貴重な佇まいを垣間見ることができる。

旧安田邸の昭和モダンなアイランドキッチン

この写真は見学当日に撮影したもので、施工中の雑多な状態だが、訪れる者の目を奪うに十分な魅力を放っていた。明るい日差しが差し込む天窓と「アイランド型」のキッチンは、当時の最先端の設計を取り入れたもの。

 今回は工事中でほとんど目にすることができなかったが、他にも唯一の洋間である「応接間」や、一間四方の床の間が配された「残月の間」、書院造りの「客間」など、住宅の内部は見どころにあふれている。

特徴を損なわず、耐震補強を行うための4つの方針

 旧安田邸は、文化財に指定されてから保存管理計画が策定され、2003年から2005年にかけて建物自体の保存修繕工事を実施した。その後、2007年からは一般公開が開始されたのだが、耐震診断を行ったところ、震度7程度の地震で倒壊の恐れがあることが判明。2018年9月から本格的な耐震補強工事が行われることになった。

 貴重な建造物の耐震補強工事にあたっての基本方針は、文化財としての特徴を損なわないことが原則とされる。旧安田邸の庭に面する南側は、景観を重視しているため壁がほとんどない。しかし、補強のために壁や柱を設けると建物の特徴は失われてしまう。そのため、住居の補強は、壁の内部や二階の床下など、物理的に見えない部分で耐震補強を行っていく。

 耐震の目標は、文化庁の「重要文化財(建造物)耐震診断・耐震補強の手引」による「安全確保水準」を満たすこと。つまり、建物内で催しや見学会などが実施された際に、震度7程度の大地震が発生しても内部や付近にいる人々が安全に避難できることが、ひとつの目安となる。

 なお、今回の工事にともなっては「当初の構法は可能な限り残す」「元からの部材の切断、取替は可能な限り行わない」「物理的に見える範囲には可能な限り新設物を設けない」「可逆性に配慮する」という4つの方針が設けられた。旧安田邸と同じような伝統的木造住宅の耐震補強は近年始まったばかりで、まだ試行錯誤の段階。今回の工事はその新たなモデルを目指すものでもあるという。

→ 次ページ:
いよいよ見学会の様子をレポート!