2018年12月26日 12:11 掲載

ライフスタイル ホンダ製スポーツカー初期の4車種のアンケート結果は? 実施中はいすゞの乗用車どれが好き? 【クルマ好き4択】

JAF Mate ParkのTwitterを利用したオリジナルコンテンツ「クルマ好き4択」。 先週の結果と現在実施中のコンテンツを紹介します!

181225-02-01e.png

 Twitterの投票機能を利用した、JAF Mate Parkのオリジナルコンテンツ「クルマ好き4択」。先週のアンケート「ホンダの最初期のスポーツカー、どれが好き?」の結果をお伝えします。そして、現在実施中のアンケート「いすゞの乗用車、どれが好き?」も紹介します。ぜひポチッとしてくださいね!

【アンケート結果】ホンダの初期のスポーツカー、どれが好き?

 ホンダは、軽トラック「T360」(※1)で念願の4輪市場に進出を果たした後、4輪乗用車として選んだのがスポーツカーでした。プロトタイプとして軽スポーツカー「スポーツ360」を開発した後、実際に市販した初の4輪乗用車が「S500」です。そして「S600」、さらに「S800」と排気量をアップさせていくなど性能を高め、本格スポーツカーとして若者を中心に大いに支持されたのでした。12月20日、そんなホンダ最初期のスポーツカー「S」シリーズを題材としたアンケートを実施しました。その結果は?

 全21票の投票があり、数字上はTwitterの仕様上の関係で1%の差がありますが、実際には同票で「S600」(43%)と「S800」(42%)で、1位となりました! 当時、大人気だった2車種、甲乙つけがたい結果となりました。

 完成度と発売時期を考えれば、「S800」が最も得票を伸ばしそうであると予想されました。しかし「S600」が同数ということは、それだけ「S600」の評価が高い、といえるかも知れません。

 一方、「S500」は記念すべきホンダ初の乗用車であり、当時の市場におけるインパクトはとても大きかったことが記録に残されています。しかし、思ったより票が伸びなかったことから、やはりクルマとしての完成度で選ばれたということでしょう。そして「スポーツ360」は10%獲得していますが、これは「出してほしかった」ということなのかも知れません。

ホンダ S800|Honda S800

ホンダ「S800」。車名の"S"はスポーツの"S"、"800"は排気量を表します。初期の市販スポーツカー3車種の中では3代目となることから、最も完成度が高く、「乗っていて楽しいクルマ」として、ワインディングロードを楽しむだけでなく、モータースポーツの入門用車種として若者を中心に大変な人気を博したそうです。別記事『【トヨタ博物館 クラシックカー・フェス 2018】(4)1960年代後編は、ホンダ「S800」やいすゞ「ベレット 1600GT」など国産の名車を集めてみた!』で紹介しています。

ホンダ S600|Honda S600

「S500」の次に登場した「S600」。撮影を行ったのは「オートモビルカウンシル2018」のガレージ・イワセブースで、会期初日に売約済みとなっていたほど。今でも人気が高いのがわかる。同車については、別記事『「やればできる」のホンダイズムを具現したS600 【元自動車メーカーエンジニアが選んだ 哲学が感じられる名車たち】』で取り上げています。


※1 T360:『【トヨタ博物館 クラシックカー・フェス 2018】(3)ピックアップ型「ランクル」など、1960年代、魅惑の日本車を集めてみた! 前編』で紹介

現在投票受付中!【アンケート】いすゞの乗用車、どれが好き?

 12月28日締め切りのアンケートは、いすゞの乗用車が題材です。2002年に国内では乗用車製造・販売から撤退したいすゞは、1960年代から1980年代にかけては名車を生み出しました。そこで今回は、どれだけいすゞの乗用車が多くの人々に愛されているのかをアンケートで確かめます。

 今回の4車種はどれも見るべきポイントのあるクルマばかりで、往年のファンにとっては選ぶのに悩むところ!?

 「ベレット」は、「ベレG」こと日本初のグランツーリスモ(グランドツーリングカー)である「1600GT」を擁する1台。

 「117クーペ」は、インダストリアル・デザイナーとして著名なジョルジェット・ジウジアーロがデザインした美しい1台。

 「ジェミニ」は、2代目が「街の遊撃手」のキャッチコピーとツインドリフトのCMで大人気となった1台(画像は初代です)。

 「ピアッツァ」は再びジウジアーロがデザインを手がけた80年代当時の未来派の1台。最も好きなのはどれですか? ぜひ、あなたもポチッとして下さいね^^。

ベレット|bellett 117クーペ|117coupe ジェミニ|gemini ピアッツァ|piazza

今回取り上げた4車種。(左上)「ベレット1600GT」1969年式。 (右上)「117クーペ」(1975年式)。 (左下)「ジェミニ」1982年式。 (右下)「ピアッツァ」1987年式。

 次回の「クルマ好き4択」は27日(木)実施で、年内最後になります。アンケート結果は、今回の「いすゞの乗用車、どれが好き?」と合わせて年頭にお伝えします!

2018年12月25日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

「クルマ好き4択」関連記事