クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

比較ガイド最終更新日:2024.05.24 公開日:2024.05.08

車買取のおすすめサービスを比較

「車を売るならどこがいい?」といった疑問にお応えするため、おすすめの買取サービスや高価買取のコツを紹介します。買取額が大きく変わることもあるため、失敗のない中古車買取を実現しましょう!

※記事内にプロモーションが含まれます。

まずは、主要な車買取査定サービスをご紹介します。

車買取サービスの比較表

名前 種類 特徴 査定社数 公式サイト
MOTA 一括
査定
最大20社の一括査定
上位3社と連絡
最大20社 公式へ
カービュー 一括
査定
提携300社以上
最大10社が査定
最大10社 公式へ
カーセンサー 一括
査定
一括査定かオークション
を選べる
最大30社 公式へ
CTN
車一括査定
一括
査定
最大600社以上
上位3社と連絡
10社以上 公式へ
カーセブン 買取
業者
ご契約金の半額を
当日中に前払い
1社 公式へ
カーネクスト
(中古車買取)
買取
業者
現車確認なし 1社 公式へ
カーネクスト
(廃車買取)
買取
業者
廃車でも買取保証 1社 公式へ

※2024年5月24日時点の独自調査

上記表は車買取サービスの特徴や査定申込数を簡単に表でまとめたものです。一括査定サービスには、カーセンサーやカービュー、CTN車一括査定、MOTAなど大手一括査定業者があります。個別の買取サービスには、カーセブンやカーネクストなどが挙げられます。

車買取サービスには、一括査定サービスと買取サービスの2つの種類があります。2つの買取サービスの大きな違いは「査定申込数」です。

一括査定サービスの場合、一度の査定申し込みで最大10社〜30社ほどの買取業者に査定を申し込みできます。一方、買取サービスでの査定申込数は個別で査定を行うため、複数ではなく1社の査定申込に限定されます。

一括査定サービスは多くの業者が競い合うため高額提示を選びやすいメリットがありますが、サービスに寄っては連絡回数が多くなり手間が増えてしまうデメリットもあります。しかし、そういった手間を減らせる工夫をしているサービスもあるため、後ほどご紹介していきます。

おすすめの車買取サービス

前述の通り、車買取は基本的に査定社数が多い方が高額になり易い傾向にあります。複数の査定額から高額なものを選べるのは勿論のこと、一括査定の場合は競争が発生して高額提示が行われ易いためです。一方で、個別の買取業者にも特徴があります。スムーズな高価買取を実現するために、独自調査した「査定社数」、「スムーズさ」、「特徴」の観点からおすすめのサービスを選定しました。

MOTA

査定社数 最大20社
スムーズさ 翌日18時に査定回答
特徴 連絡は上位3社のみ

MOTAは、一括査定サービスのメリットである「高額査定」を受けながら、デメリットである「連絡の手間」を抑えることができる魅力的なサービスです。

査定社数は最大20社であり、一括査定サービスの中でも特に多いです。しかし、通常は査定社数が多いと買取額は高くなり易いもののの、かかってくる電話の数も多くなってしまう心配があるかも知れません。MOTAはその点に配慮されたサービスで、査定額の上位3社からしか電話が届きません。買取業者としても上位3社に入らないと連絡できないため、初回から高額査定を意識するでしょう。

「出来る限り高額な買取査定が欲しいけれど、多くの業者から連絡が来るのは嫌」という方には、ぜひMOTAの利用をおすすめします。査定依頼を入力すると、翌日18時に査定回答が提示される仕組みで、スムーズさも評価できます。

車買取サービスを選ぶ際の重要な3つの観点でいずれも高評価できる、特に魅力的な一括査定サイトです。

独自調査情報
【買取実績】
直近の買取実績を調査しました。査定依頼日が2024年04月21日の実際の査定額例をご紹介します。
「TOYOTA YARIS CROSS ハイブリッドZ」(2022年式、走行距離2万Km以内)⇒ 最高査定額:220万円~260万円(※MOTA実績
トヨタ公式サイトでの新車価格は約258万円)
【口コミ】
直近の傾向を把握するため、2024年4月23日に投稿された全35件の口コミを調査しました。そのうち低評価(平均2.5点以下)の口コミは2件のみで、大半のユーザーが満足していることが分かります。
高評価の口コミとして、「買取金額に満足」、「査定がスピーディー」といった内容が見られました。一方、低評価の口コミとして、「車両情報の訂正がし辛い」、「最低査定額よりも低い査定額をつける会社がいる」といった内容が見られました。※出典

\一括査定のイイトコ取り/

MOTA公式

カービュー

査定社数 提携300社以上のうち最大10社
スムーズさ 2営業日以内に査定連絡
特徴 長年の実績による安定した査定情報

カービューは、日本で初めて車買取の一括査定サービスを開始した老舗ブランドです。長年の買取実績による精度の高い買取金額の算出が、多くのユーザーから評価を得ています。300社以上の買取業者と提携を結んでおり、査定申し込み後、複数の買取業者に買取金額の情報を得られます。上場企業であるLINEヤフー株式会社が運営しているのも安心のポイントです。

実際にカービューと提携している車買取業者の中には、ガリバーやネクステージ、アップルなど大手買取専門店から、地域密着型の買取業者まで幅広く、全国のユーザーが安心して利用できます。一括査定サイトの中でも、実績豊富で評判の良いサービスを利用したい方は、カービューの利用をおすすめします。

\長年人気の一括査定サイト/

カービュー公式

カーセンサー

査定社数 最大30社が査定
スムーズさ 2営業日以内に査定連絡
特徴 メールのみでも対応可能。オークション形式も選択可能

カーセンサーは、一度の査定申し込みで最大30社に申し込み手続きできる業者です。多くの一括査定サイトの最大査定社数が10~20社なのに対し、カーセンサーは30社とトップクラスの数字です。提携している業者は、アップルやネクステージ、ガリバーなどの大手買取業者から地域密着の買取業者まで幅広いです。上場企業であるリクルートが運営しているのも安心の要素です。

査定結果に対する連絡手段は電話だけでなく、メールでも対応可能なため、電話対応が苦手な方にもカーセンサーはおすすめです。

また、査定方法は「一括査定」か「オークション形式」を選択可能です。オークション形式での買取に興味のある方は、カーセンサーを選んでみましょう。

\最大30社で一括査定/

カーセンサー公式

CTN車一括査定

査定社数 10社以上が査定
スムーズさ 最長翌営業日に査定提示
特徴 上位3社と連絡

CTN車一括査定は、600社以上の買取業者と提携を結んでいる業者です。MOTAと買取の仕組みは似ており、一度の査定依頼で複数の業者に査定依頼できます。

実際に連絡が届く業者は、複数の業者から厳選して選ばれた上位3社の業者であり、高額査定が狙えるチャンスでもあります。CTN車一括査定では車の買取以外にも、廃車や解体などの専門分野にも注力しています。

CTN車一括査定での査定依頼は無料です。他の一括査定サービスのWEBでの査定額提示の場合、提示額と実際の買取り額に差が出るケースがあります。しかし、CTN車一括査定では上位3社が実査定してからの価格提示になりますので、提示額がそのまま買取り価格となる為比較がしやすいメリットがあります。不特定多数の買取業者から連絡が届くのではなく、厳選された買取業者からの連絡を期待したい方におすすめできる一括査定サイトです。

\査定額上位3社のみと連絡/

CTN公式

カーセブン

査定社数 個別の買取業者のため1社査定
スムーズさ 簡単30秒査定依頼(但し、簡易的)
特徴 契約金の半額を当日中に前払い

カーセブンは、北海道から九州まで急速に全国展開している車買取業者です。お客様から買取した車を再度中間事業者に転売するのではなく、自社で再販まで行うため、中間マージンが発生せず高い買取金額を提示し易い強みがあります。

WEBやLINE査定を申し込むと、最短2営業日以内には連絡が届くため、手続きがスムーズです。実車査定は「出張査定」と「店頭査定」の2つから選択可能であり、売却希望者の希望に合わせた方法で査定を依頼できます。

売買契約後の減額トラブルは一切なく、車両が引き渡された後、7日間以内であればキャンセル対応が無料です。契約金の一部を当日中に前払いしているため、手元にすぐお金が欲しい方にもおすすめサービスです。

\契約金の半額を当日に/

カーセブン公式

カーネクスト(買取)

査定社数 個別の買取業者のため1社査定
スムーズさ 簡単20秒査定依頼(但し、簡易的)
特徴 現車確認なし

カーネクスト(買取)は、年間10万件越えの圧倒的な買取実績を記録する車買取業者です。カーネクストでは、売買契約後の減額トラブルがないことや0円以上の買取を「買取保証宣言」という形で公言しています。売主が安心して買取査定を依頼できるよう配慮してくれています。

査定方法としても、実店舗に足を運ぶ手間や労力が要らず、インターネット経由で24時間対応を実現しています。

実際に愛車の査定申し込みから売買契約までの流れも、実店舗に足を運ぶことなく、電話1本で完結します。日本全国どのような場所でも、買取対応が可能であり、査定から売買契約までの流れもスムーズで利用しやすいでしょう。

車の売却に関係する手続きや引き取り手数料はもちろん無料で使いやすい業者になります。

\現車確認なし/

カーネクスト公式

カーネクスト(廃車買取)

査定社数 個別の買取業者のため1社査定
スムーズさ 簡単20秒査定依頼(但し、簡易的)
特徴 廃車でも買取保証

カーネクスト(廃車買取)は、故障車や水没車など、状態の悪い車でも0円以上で買取対応してくれる業者です。

カーネクストでは、主に買取と廃車の2つの種類に分けられており、今回紹介するサービスは「廃車買取」になります。どのような車も0円以上で買取してくれる理由は、カーネクストが独自で確保している海外への販売経路があるからです。国内では再販できないと判断された車でも、発展途上国では商用車として活用できるケースもあります。

また、レッカー車が必要な廃車でも料金不要で引き取ってくれるメリットもあります。買取してもらえるか心配な廃車でもカーネクストの廃車買取に無料査定を依頼してみましょう。

\廃車を高価買取/

カーネクスト公式

車買取サービスの選び方

車買取業者の最適な選び方は具体的に3つあります。

  • 査定社数
  • スムーズさ
  • 特徴

車買取業者は自分の好みだけで選んでは、後々後悔することが多いです。車買取業者の営業経験を元に詳しく解説します。

査定社数

車買取業者を選ぶ際には「査定社数」を確認しましょう。車買取業者によって、一度に査定申し込みできる業者数が異なります。単純に最大依頼業者数が5社までより、最大業者依頼数が10社までの方が複数の買取業者から査定結果をもらえます。

より多くの業者から査定結果を入手することで、現状の買取相場に合わせた金額を把握できるでしょう。価格交渉を上手く成功させるためには、複数の査定見積材料を用意しておくことが重要です。

「他社では〇〇万円以上の査定結果がある」と他社の車買取業者に対して、効果的な価格交渉を実行できます。まずは、車買取業者によって、どのくらい査定依頼数に違いがあるのかを比較することから始めてください。

スムーズさ

車買取業者の選び方の2つ目に重要なのが「スムーズさ」です。複数の査定業者に愛車の見積もり査定を依頼する場合、全ての業者から査定回答がくるまでには意外と時間がかかります。

そのため、可能であれば、出張査定してくれる業者や連絡頻度がこまめであらかじめ車の特徴を理解した上で査定を実施してくれる車買取業者を選びましょう。

特に車の売却を急いでいる方や車の買取金額をすぐにお金にしたい方にとって、スムーズな買取手続きは重要になってくるでしょう。売却希望者のスケジュールに合わせて、柔軟に手配を進めてくれる業者もスムーズな対応をしてくれる業者に含まれます。

スムーズな対応をしてくれる業者なのかを、事前に確認する意味でも、業者を利用した方の口コミを確認する方法も賢い方法です。

特徴

車買取業者ごとの特徴を理解することも重要です。車買取業者ごとの特徴とは具体的に「セダンやスポーツカーの買取に強い業者」や「軽自動車の買取に強い業者」などが挙げられます。

車買取業者ごとにそれぞれ異なる強みがあり、強みを活用できる業者を利用することで、他社には実現できない最大限の査定結果が実現できるでしょう。まずは愛車の特徴を理解しつつ、車の特徴に合わせた業者選びを進めてください。

車買取業者の特徴がイマイチ理解できない場合には、業者のホームページや販売台数、買取実績を確認してみてください。ホームページには、車買取業者の特徴が分かりやすく記載されています。

中古車の高価買取のコツ

中古車の高価買取のコツが具体的に4つあります。

  • 一括査定を利用する
  • 売却時期を考慮する
  • 車の特徴を考慮する
  • 車の状態を良くする

それぞれのポイントについて、車買取業者のプロの目線から徹底解説します。

一括査定を活用する

まずは一括査定を利用する方法です。一括査定とは、車両情報を専用ホームページの必要事項に記入するだけの作業で、一度に複数の買取業者に査定依頼できるサービスです。

一括査定で見積申し込みできる業者数は、各一括査定サービスにより異なりますが、業者によっては最大30社に査定依頼できるケースもあります。車買取業者1社ごとに査定依頼を行う場合、どうしても時間と労力がかかり過ぎてしまうでしょう。

一括査定を活用することで、時間を効率的に使いつつ、条件の良い業者と売買契約を結べます。業者から届いた査定見積を元に、他社の車買取業者に価格交渉する方法も良い活用方法です。ただし、一括査定を活用する場合には、個人情報の入力が必須になるため注意しましょう。

売却時期を考慮する

売却時期を考慮することも、車を高く売却する上でのポイントです。車の新しさ、車種別の需給、季節性、為替(円安・円高)の影響などで買取相場の傾向が変わるためです。

特に、現在(2024年5月8日時点)の日本は円安傾向のため、中古車を高く売るのに適した時期だと言えるでしょう。

注意が必要なのは、特定の次期を狙って査定するのではなく、早めに査定をしてその時点での査定額を知ることです。多くの要素が影響して査定額が決まるため、「〇月が高いらしい」と1つの一般情報で査定を延期してしまうと、その間にその車種の人気が薄れてしまったりして結果的に高く売れないこともあります。

各要素についても解説しますが、まずは査定してみて、安いと感じたら時間を置いて再度査定して比較してみるのがいいでしょう。

車の新しさ
売る車の状態は、基本的に新車に近い方が高価買取され易くなります。少しの期間でも経年劣化したり、サビや故障が増えてしまう可能性があるため、出来る限り早く売却するのが望ましいです。
季節性
1年間の中で、車が高く売れやすい時期は1月~3月頃です。この時期は自動車業界の中でも「決算時期」に該当するタイミングであり、車の流通台数が多くなる分、他の月よりも高額査定が期待できます。逆に車が高く売れにくい時期は4月~6月頃と言われています。特に4月は車の流通台数が下がる傾向も見られますが、こういった時期でも買取を強化する業者はいるので一概には言い切れません。4月~6月だとしても、査定には出してみることをおすすめします
車種別の需給
中古車の買取額の相場は一律で変動する訳ではなく、当然車種に寄って異なります。国内だけでなく海外も含めた需要と供給のバランスで買取相場が決まります。正確な需給を把握するのは難しいですが、人気の車種であれば査定に出した際に高額査定を貰えるでしょう。その車種の買取を強化している買取業者とも出会えるかも知れないため、一括査定サイトの利用がおすすめです。
為替の影響
中古車の市場は国内だけでなく、海外でも同様に広がっています。日本で買取された中古車が海外で流通されることも多くあります。その際、同じ1万ドルで輸出するとしても円安であれば円換算で高額になります。
<事例①>
円高(1ドル=100円)の場合
1万ドルで輸出 → 100万円貰える
<事例②>
円安(1ドル=150円)の場合
1万ドルで輸出 → 150万円貰える
現在(2024年5月8日時点)の日本は円安傾向のため、中古車買取に適した時期だと言えるでしょう。

車の特徴を考慮する

車の特徴を理解しておくことも重要です。車の特徴とは、具体的にグレードや年式、内外装の状態、装備されているオプション類、事故歴などが挙げられます。特に車種のグレードや装備されているオプション類により、買取金額が大きく異なります。

車買取業者に愛車を査定依頼する際には、あらかじめ「車の特徴をまとめたメモ用紙」を作成しておくと良いでしょう。車買取業者のスタッフがいくら査定のプロだとしても、車の特徴を見落とす可能性はゼロではありません。

車の正確な特徴を査定スタッフに上手く伝えなかったで、満足できない買取金額しか提示されないことを防ぐためにも、特緒をまとめたメモ用紙の準備をおすすめします。グレードがわからない方は、車の車体番号を確認後、各自動車メーカーの「グレード検索」を活用してみましょう。

また、廃車を売却する場合には、「廃車に強い買取サービス」を選ぶことをおすすめします。

車の状態を良くする

買取業者に査定を依頼する前には、車の状態を可能な限り良くしておくことをおすすめします。車の状態を良くしておくとは、内外装の清掃を意味します。特に外装の汚れは、車の第一印象に大きく影響するポイントであり、車の第一印象が良くなければ、高額査定が実現することはありません。

車の洗車や室内清掃とはいえ、ボディコーティングやルームクリーニングまで行う必要はありません。ガソリンスタンドなどで気軽に行える機械式洗車機や室内清掃用の機械を利用しつつ、必要最低限の汚れや室内にあるゴミを清掃しましょう。

室内清掃と洗車をガソリンスタンドで行う場合に必要な費用はおよそ500円程度です。500円で期待以上の買取金額が提示される可能性が高くなれば、費用対効果は十分に期待できるでしょう。

車買取のよくある質問

車買取についてよくある質問を以下に3つまとめました。

  • 中古車を売るには何が必要ですか?
  • 中古車を売るならどこがいいですか?
  • 中古車の買取は最短どのくらいで可能ですか?

車買取のよくある質問事項をそれぞれ詳しく解説します。

中古車を売るには何が必要ですか?

中古車を売るためには、車の名義を車買取業者に変更するために必要書類を準備する必要があります。車の必要書類が「軽自動車」と「普通自動車」によって、それぞれ異なります。

共通して必要なものは、以下となります。

  • 本人確認書類
  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 住民票、戸籍謄本、戸籍の附票(必要な場合)
  • 振込先口座情報(振込の場合)

普通自動車の場合は以下も必要になります。

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 委任状(買取店が用意)
  • 譲渡証明書(買取店が用意)

上記はあくまで例となり、買取店毎にも異なる場合があります。車をスムーズに売却するためにも、まずは必要書類を確認して、準備しておきましょう。

中古車を売るならどこがいいですか?

中古車を売る場合、車買取業者の利用がおすすめです。車の売却先にはディーラーや中古車販売店など様々な業者があります。中でも車買取業者の中には「車の買取を専門に扱う業者」があり、他社よりも高額査定が期待できるでしょう。少しでも高く愛車を売却したい方は、カーネクストやカーセブンなどの車買取業者を利用しましょう。

中古車の買取は最短どれくらいで可能ですか?

中古車の買取は最短即日対応可能です。即日で車を買取する際には、あらかじめ必要書類を準備しておく必要があります。軽自動車と普通車によって、必要になる書類が異なります。そのため、すぐに車を売却したい方は、まず車の名義変更に必要な書類を準備してください。

車買取のおすすめの方法まとめ

車買取業者は日本全国にたくさんあります。しかし、車買取業者によって、同時査定依頼件数や特徴、入金までの期間が異なります。重要なポイントは、車買取業者ごとの特徴を理解し、自分の車の条件に最適な業者を選ぶことです。車買取業者の選び方を間違えると、後々、利用したことを後悔してしまいます。利用してよかったと思える車買取業者を見つけるためにも、この記事の内容を参考にして、自分にとって最適な車買取業者を探してみてください。

この記事をシェア

同カテゴリの記事