クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2024.05.22 公開日:2024.05.22

道路の真下には川があった!? 渋谷川の暗渠からその痕跡を見つける。

渋谷駅のすぐそばを流れる渋谷川。その上流は地下に埋設された「暗渠(あんきょ)」となっており目で見ることはできない。しかし川筋を辿って歩いてみると、至るところに川の痕跡を見つけることができる。さっそく渋谷川の暗渠を歩いてみよう。

文・写真=宮本 菜々(KURU KURA編集部)

実はマニアも多い暗渠(あんきょ)とは?

地下に吸い込まれていく渋谷川。ここから暗渠がはじまる。

記事の画像ギャラリーを見る

暗渠(あんきょ)とは、地下に埋設された河川や水路である。埋設した暗渠もあれば、蓋をしただけの暗渠もある。都市部の暗渠の多くは、高度経済成長期、都市部のインフラを整備するにあたって、河川や水路を暗渠化して下水道としたものだ。

首都・東京は、急速な都市開発と急増する人口に対処するため、渋谷川、目黒川、神田川などはその上流を中心にその支流も含め、昭和初期に暗渠化していった。江戸期や明治期にあったはずの河川や水路は暗渠となり、その上に道路を整備した(幅のある河川や水路だったところのみ)。

かつての渋谷は渋谷川とその支流が流れる水辺の街だった。(画像:渋谷区の資料を元に作成)

現在の渋谷川は、渋谷駅前の旧宮益橋(現在の宮益坂下付近)を起点に恵比寿方面に南下、その後、港区内を流下して浜松町のあたりで東京湾に流れ込んでいる。もともとは千駄ヶ谷から渋谷までを流れていたものの、旧宮益橋以南の上流は支流を含めて暗渠化されており、その水流を目にすることはできない。しかし渋谷川の支流の「宇田川」に由来する「宇田川町」など、地名にその名残を感じられる。

一方、渋谷駅の南側は暗渠化されていない。これを開渠(かいきょ)というのだが、旧宮益橋から渋谷駅の東口の地下部を経て、大規模複合施設の渋谷ストリーム付近で開渠となる。渋谷駅の南側は都市開発の一環で水辺の整備も進められており、一部では渋谷川の流れる景観を取り戻しつつある。

渋谷川の暗渠を歩こう!

渋谷川(渋谷-表参道間)のマップ。もともとの渋谷川は原宿方面から明治通りを経て渋谷に至る。

さっそく渋谷川の暗渠を歩いてみよう。スタート地点は渋谷駅の南側、明治通りと八幡通りの交差する「並木橋」。このあたりはまだ開渠だ。暗渠を目指して渋谷駅に向かう。

 

並木橋~稲荷橋

現在地は渋谷駅の南に位置する「渋谷リバーストリート」の並木橋。

渋谷駅の南側(渋谷三丁目から東一丁目まで)は「渋谷リバーストリート」として整備されている。かつて渋谷川の開渠部は「ドブ臭い」といわれていたが、今、渋谷川を流れるのは下水を高度処理した再生水で悪臭もしなくなった。

渋谷リバーストリートを歩いて行くと、ほどなくして「渋谷ストリーム」に辿り着いた。ここで「ぶつり」と渋谷川は途切れた。暗渠のはじまりだ。

どう見ても橋の親柱。「稲荷橋」と表記されている。

ここはすでに渋谷川の暗渠部。その上に稲荷橋が。

渋谷ストリームと渋谷ストリームホールの間の細い道に、橋の親柱と欄干のようなものを発見した。どこからどう見ても橋の親柱。「いなりばし」と表記されている。

■暗渠の発見ポイント1. 川のない道路に親柱や欄干など、橋の一部がある
周辺に川のないはずの道路で、親柱や欄干といった橋の一部を見つけたときは、そこには川があり、橋を架けていた可能性が高い。

稲荷橋~宮下公園

宮益坂の交差点。向こうにスクランブル交差点のランドマーク「109」が見える。あのあたりが道玄坂。

渋谷駅を通り過ぎ、宮益坂下の交差点に差しかかったところで立ち止まる。鉄道の高架をはさんだ向こう側はスクランブル交差点だ。そのまま鉄道の高架に向かってみる。渋谷駅の東は宮益坂、西は道玄坂で、坂と坂の間に挟まれた鉄道の高架のあたりは渋谷で一番低い谷底となっている。

■暗渠の発見ポイント2. 暗渠のあるところは谷になっている
谷をつくるのは川。もともと川だったところは、谷の地形となっている可能性が高い。川はないのに谷になっているところは、もしかしたら暗渠かもしれない。

天気も良いので、屋上庭園に生まれ変わった宮下公園でひとやすみ……といきたいところだが、その横の「渋谷横丁」の路地を歩いて行く。渋谷川の暗渠はこのあたりだ。明治通りの地下は東京メトロ副都心線が走っており、若干、渋谷川の暗渠とは離れてしまう。

渋谷駅を通り過ぎ宮益坂で左折して宮下公園に向かう。

飲むには打って付けの「渋谷横丁」。夏はここでビールもよさそう。昔の渋谷の人々は、夏の暑い日に川辺で飲んでいたのだろうか。

宮下橋~表参道

明治通りを渡り、宮下公園とは反対側のキャットストリートに差しかかったところが、かつて宮下橋のあったところだ。

渋谷横丁の途切れるところで横断歩道を渡り、明治通りと「キャットストリート」の分岐点に差しかかる。ここにも橋の親柱を発見。「みやしたはし」と書かれている。欄干などはないが、ここを流れていた渋谷川に橋が架けられ、人々が渡っていたことが伺える。

ここから渋谷川の川筋を辿って、キャットストリートを歩いて行く。キャットストリートいえば、裏原宿ともいわれるとおり、流行を発信する「ファッションの街」という印象があるのではないだろうか。キャットストリートの正式名称は「旧渋谷川遊歩道」。くねくねしたこの道は渋谷川の流れそのものだったわけだ。

キャットストリートを歩き始めて程なく、突如出現する謎空間。

キャットストリートの謎の空間も、暗渠であるがゆえに生み出されたものだ。大きな遊具はないものの、ちょっとした公園になっており、ベンチも設置されいるし、植樹の手入れも行き届いている。幅といい、蛇行の具合といい、いかにも川の流れ。暗渠を利活用したのがわかる。

■暗渠の発見ポイント3. 細くて長い公園
細くて長い公園、または遊歩道、駐輪場の下は、もしかしたら暗渠かもしれない。暗渠上に公園を整備して子供たちに遊び場を提供するなど、暗渠上のスペースを利活用しているケースが多々あるからだ。

表参道

「道路のみどり」と題された看板にはかつての渋谷川についての説明が書かれている。

キャットストリートを通り抜け渋谷から表参道まで辿り着いた。歩道橋を渡ったところ(表参道ヒルズの傍)に「道路のみどり」と題された看板を発見。設置したのは東京都の第二建設事務所のようだ。そこには、渋谷川は明治の中期まで水車を使った精米業が盛んにおこなわれており、その情景は「富嶽三十六景(葛飾北斎)」の画に見られることが書かれている。

写真の左側の路地が渋谷川の暗渠となっているキャットストリート。周辺の道路と比べ、一段低くなっている。

渋谷川の暗渠を辿るのはここまで。渋谷から表参道まで歩いただけで、至るところに渋谷川の痕跡を見つけることができた。東京は暗渠の宝庫だ。この記事を読んで暗渠に興味を持ってもらえたら、ぜひ、実際にその足で歩いてもらいたい。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)