クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2024.04.15 公開日:2024.04.10

スズキ「GSX 1100S カタナ」幻の1100台目を発見! こんなに美しい実車を見れるのはココだけだ。

1981年に登場したスズキの名車「GSX 1100S カタナ」。その最終モデルは2000年にシリアルナンバー付きで1100台のみ生産されたが、その最後の一台となる“1100番”を持つ実車が、ある場所に展示されていることをご存知だろうか?

文と写真=岩井リョースケ(KURU KURA)

これだけ美しい状態のGSX1100S KATANAの実車を拝めるだけでも眼福だ

記事の画像ギャラリーを見る

1100台のみ生産されたGSX1100Sカタナの最終モデル「ファイナルエディション」

スズキ GSX1100S KATANA(通称:カタナ1100)の初代は1981年秋に登場した。抜き身の日本刀をイメージした「刀(カタナ)」をそのままネーミングに採用し、斬新すぎるシャープなデザインは世界で注目を集めた。1100S発売後も、その凄まじい人気ぶりからスズキは750cc、400cc、250ccでもカタナの兄弟モデルを展開している。カタナ1100は80年代中頃に生産ラインを閉じたが、その人気は幾度も再燃し、その後も生産終了・再販を繰り返した。しかし、ますます厳しくなる排気ガス・騒音規制に加え、金型も限界を迎えたことから、スズキは2000年に1100台限定でカタナ1100の「ファイナルエディション」を生産し、今度こそ生産終了となった。

それから時が経ち、2018年にフルモデルチェンジしたカタナが復活。現在もカタナの系譜は続いているが、旧モデルとなるカタナの人気は今でも衰えていない。ちなみに現在、状態の良いカタナ1100を中古市場で手に入れようとすると、500万円近くかかるようだ(当時価格は99万円)。筆者も一度は所有してみたかったが、すっかり手の届かない存在となってしまった。

GSX1100S KATANA。最高出力95馬力/8500rpm、最大トルク8.6kgm/4000rpm、車重232kg。

そんなGSX1100S KATANA ファイナルエディションの、シリアルナンバー「1100番」を持つ実車が今でも「スズキ歴史館」で見られることをご存知だろうか?

このスズキ歴史館は、静岡県浜松市にあるスズキ本社の向かいに建っている。館内にはスズキのレガシー車両が所狭しと並び、このカタナ1100も数あるラインナップのひとつとして、ごく自然に展示されているから驚く。直接手で触れるのは禁止だが、筆者が見学した時は、トップブリッジにある“1100”のナンバーが入ったプレートをシッカリと確認することができた。車両本体も非常に美しい状態を保たれているので、当館に訪れた際は、ぜひ実車をその目で確認して欲しい。

ファイナルエディションのトップブリッジにはシリアルナンバーが入ったプレート。そしてこの展示モデルには最終ナンバーである「1100」の字が刻まれている。中には自分で刻印を彫る人も現れたとか……。

スズキ歴史館の1階エントランスには、新旧KATANAが展示されている。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月2日まで)
応募はこちら!(6月2日まで)