クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

ライフスタイル最終更新日:2023.12.18 公開日:2023.12.18

ルノー カングー乗り垂涎!? 長島稔の油彩画「カングーがある風景画」が当たるキャンペーンがスタート!

ポルトガルで20年以上も現地の街並みを描き続けた画家、長島 稔氏による個展が12月18~24日まで、横浜市のギャラリーで開催される。そこではルノー・ジャポンが同氏に制作依頼した「ルノー カングーがある風景画」が2点展示され、この絵画をプレゼントするキャンペーンもスタートした。

文=岩井リョースケ(KURU KURA)

画像=ルノー・ジャポン

長島 稔 作「横浜市開港記念会館」。画像=ルノー・ジャポン

記事の画像ギャラリーを見る

横浜の街並みに溶け込むルノー カングーにウットリ

ポルトガルの首都リスボンに魅せられ、20年以上にわたり現地の街並みを描き続けた画家、長島 稔(ながしま みのる)氏の個展「長島 稔 個展」が12月18日から24日まで、横浜市の仲通りギャラリーで開催中だ。

ルノー・ジャポンはこの個展に協賛しており、現地で2000点以上を創作してきた同氏の日本への帰国を機に、ルノー カングーがある風景画の制作を依頼。これにより、氏が長年描いてきたヨーロッパの街並みと通じる“横浜”を舞台とした「横浜市開港記念会館」と「神奈川県立歴史博物館」の2作品が完成している。

この2作品は、長島氏の個展に展示された後、プレゼント希望者の中から抽選で2名に実際にプレゼントされるという。このキャンペーンには2024年1月8日(月)まで応募が可能で、ルノー公式ページから応募が可能だ。油彩画のサイズはおよそ横幅66.5×高さ53.5×奥行2.5cmで、フレームに入った状態で送付される予定だ。ルノーファンに必ず応募してもらいたいキャンペーンとなっている。

ルノー公式応募ページ
https://questant.jp/q/NagashimaMinoruArt2023

ルノー カングー、カラーはジョン アグリュム。写真=ルノー・ジャポン

長島 稔 作「神奈川県立歴史博物館」。画像=ルノー・ジャポン

【長島 稔 個展 概要】
開催日時:2023年12月18日(月)~24日(日)11:00~17:00(最終日16:00まで)
会場:仲通りギャラリー
住所:〒231-0006 横浜市中区南仲通4-39-2 箕田関内ビル1F
入場料:無料

【長島 稔 プロフィール】
・1943年5月19日、群馬県高崎市に生まれる。
・1960年代に画家を志し上京。公募展において新人賞等複数回の受賞を経て、委員を務める。その間も個展を開催し、精力的に活動を続ける。
・1998年、ポルトガル リスボンの地に魅せられ渡欧。以降20年以上に亘り、リスボンの街並みを描き続ける。
・2021年、現地にて心臓を患い、日本に帰国。リハビリを続けながら、横浜・鎌倉・大和の風景を描く。
・2023年6月、大和市の大和展に初出品し、最高賞を受賞。
・2023年12月、仲通りギャラリーにて帰国後初の個展を開催。

ブルー ソーダライト M(カングー インテンス)

ブラン ミネラル(カングー インテンス / カングー クレアティフ / カングー ゼン)

ブラウン テラコッタ M(カングー インテンス)

ジョン アグリュム(カングー クレアティフ)

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(4月30日まで)
応募はこちら!(4月30日まで)