クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2021.06.11

茨城空港がより近く。アクセス道路6月16日に全線開通

茨城県は2021年6月16日より、茨城空港アクセス道路の未開通区間2kmが開通すると発表した。これにより、同アクセス道路・石岡小美玉スマートIC~国道6号間が全線開通し、空港までのアクセス所要時間が16分短縮される。

この記事をシェア

記事の画像ギャラリーを見る

三郷ICから茨城空港までのアクセスが1時間以内へ

2021年6月16日より、茨城空港アクセス道路が全線開通する。

 6月16日開通の茨城空港アクセス道路(「SIC」はスマートIC) 出典:茨城県

 茨城アクセス道路は、常磐自動車道・石岡小美玉スマートICと茨城空港をほぼ直線で結ぶ延長約12.6kmの幹線道路だ。

 国道6号と石岡小美玉スマートICは、1日2万台を超える交通量があるため慢性的な渋滞が発生していた。茨城県と小美玉市では、この国道6号を含めた周辺道路の混雑緩和や、茨城空港の利用促進、周辺地域の振興、活性化を図ることを目的に、2015年から茨城アクセス道路の整備を進めてきた。

茨城空港アクセス道路の整備対象区間詳細図

茨城空港アクセス道路の開通区間 出典:茨城県

 2019年から段階的に開通を進めてきた同道路は、6月16日14時に残り2km区間が完成することで全線開通となる。

整備後は、常磐自動車道・三郷ICから茨城空港までの所要時間が54分まで短縮される。

出典:茨城県

 今回の全線開通により、アクセス所要時間も大きく改善される。従来は、常磐自動車道・千代田石岡ICから国道6号、国道355号を経由する経路で茨城空港までの所要時間は35分かかっていたが、開通後は16分短縮の19分になるという。東京方面からのアクセスにおいても、常磐自動車道・三郷ICから茨城空港までの所要時間が、従来の経路で約70分かかっていたが、54分まで短縮される見込みだ。

 茨城県では、この開通により地域の発展に大きく寄与するとともに、災害時には防災拠点となる茨城空港への物流機能強化の効果も期待しているという。

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)