クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

道路・交通最終更新日:2023.08.01 公開日:2023.08.02

四国のお盆渋滞は神戸淡路鳴門道で最大25km、松山道では最大10kmの渋滞!【お盆 渋滞予測2023】

NEXCO西日本と本州四国連絡高速道路は、2023年のお盆期間の高速道路における渋滞予測をまとめている。今回は神戸淡路鳴門自動車道、および松山自動車道での10km以上の渋滞について紹介する。

文=原田磨由子

資料=NEXCO西日本・本州四国連絡高速道路

鳴門海峡に架かる大鳴門橋と淡路島。(c)Q2PHOTOAS - stock.adobe.com

記事の画像ギャラリーを見る

本四国高速と松山道のお盆渋滞予測

本州~四国間では8月11、12日に神戸淡路鳴門道(下り)で朝方から夕方にかけて、最大25kmの渋滞が発生。また、8月13日(日)でも神戸淡路鳴門道(上り)で昼過ぎから夜にかけて、最大15kmの渋滞が発生する見込みだ。一方で、瀬戸中央道ではGW期間中に5km以上の渋滞は発生しない予測が出ているので、本州~四国移動の迂回路として検討してもいいだろう。また、松山自動車道でも、8月11、12日の下りと、8月13、14日の上りで、それぞれ最大10㎞の渋滞が見込まれている。

神戸淡路鳴門自動車道は12日の下りがピーク!

画像=本州四国連絡高速道路

■神戸淡路鳴門道

・8月11日(金)下り

垂水JCT~北淡ICの仁井バスストップ付近で、7時~17時にかけて最大25km、所要時間は約1時間15分

・8月12日(土)下り

垂水JCT~北淡ICの仁井バスストップ付近で、7時~19時にかけて最大25km、所要時間は約1時間15分

・8月13日(日)上り

北淡IC~淡路ICの淡路IC付近で、14時~20時にかけて最大15km、所要時間は約45分

・8月13日(日)下り

垂水JCT~東浦ICの淡路IC付近で、7時~15時にかけて最大15km、所要時間は約45分

松山自動車道では最大10kmの渋滞が発生!

画像=NEXCO西日本

■松山道

・8月11日(金)下り

松山IC~中山スマートICの明神山トンネル付近で、9時~13時にかけて最大10㎞、所要時間は約1時間

・8月12日(土)下り

松山IC ~中山スマートICの明神山トンネル付近で、10時~13時にかけて最大10km、所要時間は約1時間

・8月13日(日)下り

松山IC~中山スマートICの明神山トンネル付近で、9時~14時にかけて最大10km、所要時間は約1時間

・8月14日(月)上り

内子五十崎IC~中山スマートICの袋口トンネル付近で、16時~20時にかけて最大10km、所要時間は約1時間

本州四国連絡高速道路は、お盆期間中に神戸淡路鳴門道を明石海峡大橋から神戸・大阪・京都方面に向かう際に渋滞が発生している場合、垂水JCTをそのまま直進した方が渋滞を回避できると提案している。なお、昨年と同様に今年もお盆期間中の「休日割引」は適用されないので注意しよう。

画像=本州四国連絡高速道路

お盆期間中に車で出かけるドライバーは、出発前に道路交通情報サイト「ドラとら(ドライブトラフィック)」などで交通状況を確認しておきたい。また、渋滞が予測される日時を避け、余裕を持った移動を心がけるといいだろう。

【道路交通情報サイト「ドラとら」】

https://www.drivetraffic.jp/

【渋滞予想カレンダー】

https://www.shutoko.jp/ss/trafficcalendar/

記事の画像ギャラリーを見る

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(6月30日まで)
応募はこちら!(6月30日まで)