クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.09.01 公開日:2018.09.01

手軽な価格の「等身大フィルムポスター」登場

  列車運行図表(ダイヤグラム)や金券等、特殊印刷を得意とする株式会社昇寿堂(本社・東京都中央区 代表取締役:瀬戸 良教)は、プロ野球選手の等身大ポスターの商品化を皮切りに「等身大フィルムポスター」を、一般消費者向けに販売開始した。180831-10.jpg

今まで球場や販促物でしか目にできなかった「等身大フィルムポスター」が、あなたの部屋にやってくる!

これまで量産が難しかった「等身大フィルムポスター」

 プロ野球の球場周辺に、巨大なポスターやタペストリー、等身大パネルが設置されているのを見たことがある人も多いだろう。これまでも規格外の大きなサイズの印刷物は、ニーズにあわせて製造されていた。しかし、規格外の大きなサイズとなると製造に時間がかかり、量産できないのがネックであった。量産ができないということは、必然的にコストも上がってしまい、ファンからの要望があっても商品化することが難しかったのだ。しかし、昇寿堂では新たな製造マシンを導入することによって数千、数万の量産が実現可能に。また、フィルム素材を使用できること、多種デザインを同時製造できることからコスト面でも、消費者が納得できる商品化に成功した。

プロ野球選手、プロレスラー、アニメキャラが続々と等身大で登場!

 現在商品化されているのはプロ野球選手、新日本プロレスの人気レスラー、そしてアニメキャラの等身大フィルムポスター。これらは製造元である昇寿堂のオンラインショップでも購入することができる。同社では、このジャンルを「フィルムタペストリーブランド LonPo」と称し、今後もより幅広いラインナップを提供する予定だ。

180831-11.jpg

大好きな選手が等身大でいつでも近くに! これはファンにはたまらないはずだ。

 野球選手やプロレスラーがいずれも等身大ということで、まるでそこにいるかのような存在感を放つことは間違いなし。ファンにはたまらないコレクションアイテムになりそうだ。ちなみに現在のラインナップがどうやって揃ったのかを担当者に聞いてみたところ、同社の社員の好みが大きく反映されているとのこと。特に新日本プロレスのシリーズは、熱烈なファンである女子社員の要望によって実現したそう。今後は女性タレントなどのラインナップも用意したいとのことだったので、そちらにも期待したいところだ。

外部リンク

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)