クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ最終更新日:2018.01.24 公開日:2018.01.24

【東京オートサロン18】2代目「リーフ」も登場!日産&NISMO&オーテック

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。まずは自動車メーカーが出展したコンセプトカーやカスタマイズカー、チューニングカーを紹介しよう。続いては日産ブースを紹介しよう。

 同ブースでは、例年通りに、日産と、同社のモータースポーツ部門でスポーツ&ハイパフォーマンス・チューニング/カスタマイズで知られるNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)と、日産のスポーツブランドのカスタマイズや架装を手がけるオーテックがコンセプトカーを出展した。

まずはスポーツ系のコンセプトカーから!

np180118-02-02b.jpg

「リーフ NISMO コンセプト」は、EVの環境性能はそのままに、NISMOらしいスポーティな走りを求めた1台。モータースポーツ仕込みの技術で開発された、空気抵抗係数(Cd値)を悪化させることなくリフトフォースの量だけを減少させる専用エクステリアを装備。チューニングされた専用サスペンションや高性能タイヤに加え、どの速度域からでも瞬発力の高い加速フィールを提供するよう設定された専用コンピュータなども搭載している。

np180118-02-06.jpg

「フェアレディZ ヘリテージ エディション」。「フェアレディZ」は70年代に初代S30型が初めて輸出された当時から北米での人気が高い。展示車両は17年に米国で発売されたモデルをベースとした参考出品の1台。ミラーやボンネット、ルーフなどにブラックのグラフィックを施し、ステアリングなどの内装にはボディカラーと同じイエローのアクセントが入っている。

np180118-02-01b.jpg

18年式「GT-R NISMO」。同車は、「GT-R」に専用エアロパーツを装着し、NISMOによるサスペンションとエンジンのチューニングが施されるなど、そのままレースに出られるようなスペシャルグレードだ。ちなみに17年式から18年式はソフトウェア的な機能向上などが中心で、15年式から17年式になったときのような大きな外見的な変化はないという。

→ 次ページ:
日産の”グランド ツーリング コンセプト”を体現した3台!

日産の”グランド ツーリング コンセプト”

 「グランド ツーリング コンセプト」とは、日産のカスタマイズの柱。要は、旅に出たくなるようなクルマの提案である。このコンセプトからは、EV「リーフ」、クロスオーバーSUV「エクストレイル」、そしてワンボックスの「NV350キャラバン」の3車種が出展された。

 また、このコンセプトに属するパーツ類は、一部の参考出品を除いて、すでに市販化されいているものが多く、販売価格の目安も提示されていた。

np180118-02-07.jpg

「リーフ グランド ツーリング コンセプト」。外装はオーバーフェンダーと大径ホイールでロー&ワイド感を演出。またカラーリングはフィルムラッピングを用いて、ブラックとマットシルバーのツートンカラー。内装は、ブラックの内装色にアクセントを加える形で上質さとスタイリッシュ、洗練されたイメージを演出したとしている。税込みの参考車両価格帯は315万360~399万600円。

np180118-02-08.jpg

「エクストレイル グランド ツーリング コンセプト」。”アクティブなグランドツーリング”のエッセンスが加えられた1台。オーバーフェンダーに加え、カラーリングもプレミアムコロナオレンジを基調にグラデーションによってアクティブ感を表現したという。内装はスタイリッシュさを演出するため、モノトーンにアクセントを加える形としている。税込みの参考車両価格帯は213万7320~397万4400円。

np180118-02-09.jpg

「NV350 キャラバン グランド ツーリング コンセプト」。業務向きのワンボックスカーだが、アウトドアにもシティユースにも利用できる”オールラウンダーグランドツーリング”のエッセンスが加えられている。外装は、フロントとリアそれぞれにプロテクターやオーバーフェンダーを備えたほか、アクティブな雰囲気のボディグラフィックも施されている。税込みの参考車両価格帯は213万7320~397万4400円。

→ 次ページ:
オーテック・ブルーをまとった3台のコンセプトカー

オーテックはコンセプトカー3車種を展示

 オーテックは、クロスオーバーSUV「エクストレイル」、ミニバン「セレナ」のシリーズ型ハイブリッド・パワーユニット「e-POWER」搭載グレード「セレナ e-POWER」(18年春発売)、初めてe-POWER搭載した日産車「ノート e-POWER」の3台をベースとしたコンセプトカーを出展した。

 この3台の外装に関しての特徴は、上質さと先進性を表現すべく、プレミアムスポーティを求めて細部まで作り込んだディテールだという。それを実現する一環年ET、メタリックシルバーの専用パーツが採用されている。また内装はオーテックのブランドカラーであるブルーを各所にちりばめ、外装と同様に上質さとディテールにこだわったデザインとしている。

 クルマを走らせ操る楽しさを満たすためのハンドリングや加速感はNISMOと共有しつつ、乗り心地はオーテックならではのチューニングが施された3台だという。

np180118-02-03.jpg

日産ブースのステージ左手に並べられていたブルー系のボディカラーをまとった3台は、参考出品車の「オーテック コンセプト」シリーズ。クロスオーバーSUV「エクストレイル」は、専用のエクステリアやガーニッシュなどを装着し、デュアルエキゾーストマフラーや19インチアルミホイールを備える。また、内装もシートは黒革に、さらに専用の本革巻ステアリングなどに交換されている。

np180118-02-04.jpg

18年春に追加予定のグレード、シリーズ型ハイブリッドパワーユニット「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWER」のオーテック コンセプト。フロントのグリル/エアロバンパー/プロテクター、サイドシルプロテクター、リアのバンパーおよびプロテクターなどが専用のエクステリアとして換装されている。そのほか、専用マフラーと17インチアルミロードホイールを装着。

np180118-02-05.jpg

「ノート e-POWER」のオーテック コンセプト。こちらの外装は専用エクステリアなどに交換されているほか、内装もシートやステアリングが専用のものとなっている。また、サスペンションとパワステが専用チューニングされているほか、ボディの補強なども行われている。

2019年1月24日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(7月31日まで)
応募はこちら!(7月31日まで)