クルマのある暮らしをもっと豊かに、もっと楽しく

クルマ2017.11.29

【東京モーターショー2017】大画像コンパニオン!(5)まだまだあるぞサプライヤー前編

この記事をシェア

sn171128-02-00.jpg

 10月27日より11月5日まで、東京ビッグサイトで開催された第45回東京モーターショー2017。コンパニオンシリーズ5本目は、サプライヤー系企業の前編をお届けだ。

 東京モーターショーにはサプライヤーも多数出展しており、今回は20社のコンパニオン約30人を撮影してきた。前編は11社15人を紹介する。

 オフィスカジュアル風などの落ち着いたコスチュームが多い自動車メーカー系に対し、より艶やかなイメージが強いところがサプライヤー系の特徴だ。上下セパレートで水着に近いようなデザインだったり、身体にフィットしたりするようなコスチュームを採用している企業も少なくない。

ゴールドがまぶしいアルパイン

 カーナビやカーオーディオ/ビジュアルなどで知られるアルパインはコンパニオンごとにコスチュームが異なるのが特徴。左のコンパニオンは上下セパレートで、上はTシャツ風の半袖、下は二層構造のミニスカートだ。

 右のコンパニオンはセパレートを採用しておらず、後ろから見るとスカート、前から見るとホットパンツという凝ったデザインとなっていた。

sn171128-02-01.jpg

→ 次ページ:
続いてエクセディとNGK/NTK

白地に青が鮮烈なエクセディ

 クラッチやトルクコンバーターなどの自動車部品の世界的なメーカーとして知られるエクセディ。

 同社も上下セパレートだが、あえて肌を露出させず、トップスとミニスカートの間にのぞくのは、自社ロゴに使われているブルーをあしらったインナーだ。コスチューム全体のカラーリングは白地で、そのブルーをアクセントとして使用していた。

sn171128-02-02.jpg

 

ホットパンツが熱いNGK/NTK(日本特殊陶業)

 スパークプラグのブランド「NGK」、セラミックのブランド「NTK」として知られる日本特殊陶業(にっぽんとくしゅとうぎょう)。

 同社もまた上下セパレートだが、より身体にフィットしたコスチュームだ。トップスが水着のような素材で身体に密着した作りなら、下も同じく密着したビニール地のホットパンツという組み合わせ。配色は白地に、NGKのロゴの赤、NTKのロゴの緑となっており、パンフレットの表紙とデザインをそろえてある。

sn171128-03-04.jpg

→ 次ページ:
次はNTN&グッドイヤー

黒と青のインパクト! NTN

 ベアリングで世界的なシェアを誇るNTN。NTNの社名は、1923年に(大阪市)西区の巴商会と西園鉄工所が提携してNTNの商標で国産軸受けの製造販売を開始したところに行き着く。ただし、現在は「何てなめらか(Nan Te Nameraka)」という意味も持たせているようだ。

 同社のコンパニオンは青と黒のノースリーブのワンピース。寒色系のカラーリングのため、とても落ち着いた雰囲気だ。首の太めのチョーカーがセンスを感じさせる。

sn171128-03-05.jpg

 

sn171128-03-06.jpg

 

青に黄色が映えるグッドイヤー

 米オハイオ州で起業し、来年に創業120周年を迎える世界的な知名度を持つタイヤメーカーのグッドイヤー。

 同社のコンパニオンは、ショートのワンピースにジャージ風の上着という組み合わせで、スポーティーさを強調。配色はロゴのバックと同じブルーを基調として、タイヤをイメージするイエローのリング。エリや袖、リングの外側などに白を配してアクセントとしていた。

sn171128-03-07.jpg

→ 次ページ:
次はクラリオン!

セパレートもセパレートなクラリオン

 日立グループの企業で、カーナビやカーオーディオなど、車載オーディオビジュアル機器メーカーとして知られるクラリオン。

 サプライヤー前編で取り上げた11社の中では、屈指の”夏仕様”だ。丈のとても短いトップスと、ホットパンツという組み合わせで、コスチュームの面積の狭ければ、身体にフィットしている様子も際立つという具合。カラーリングは、水色地に白文字というロゴを踏襲した形だが、面積的には逆転させてあり、地は白。そして、ベルト代わりの腰紐やロゴに水色が使われてアクセントとなっていた。

sn171128-03-08.jpg

 

sn171128-03-09.jpg

 

sn171128-03-10.jpg

→ 次ページ:
次はケーヒン&ダンロップ&データシステム

七分袖ワンピースが可憐なケーヒン

 これまで見ていただいたように、サプライヤー系はセパレート型のコスチュームが多く、ワンピースだったとしてもノースリーブだったりするのだが、ケーヒンは七分袖のワンピースということで艶やかさを抑え、その代わりに可憐さを強調するイメージだった。

 青を使う企業が多いが、同社もそのひとつで、白をベースとし、アクセントとして青を胸元のロゴおよび首のスカーフとして用いていた。スカーフの結び目がハイセンス。

sn171128-03-11.jpg

 

春のようなイメージのイエローのダンロップ

 タイヤメーカー・ダンロップのコスチュームは、ワンピースがイエロー一色。イエローはロゴのバックに使われているカラーだ。そしてアクセントをつけるべく、黒のタイツとチョーカーという組み合わせとなっていた。黒はロゴでは文字に使用されているカラーだ。

 そしてワンピースで引き立っていたのが、背中側を通って両脇をつないでいる太いベルト。こちらは、ロゴの中では使われていないシルバーが使われている。また、前面に腰から裾まで縦に大きく入ったタックも、引き立つ特徴。一般的なワンピースとはデザイン的に一線を画するのに大いに役立っていた。

sn171128-03-12.jpg

 

sn171128-03-13.jpg

→ 次ページ:
最後はデータシステム&デンソー&豊田合成!

胸元を強調したデータシステム

 サプライヤー前編で紹介する11社の内で、最も水着に近く、レースクイーンに近いような目を見張るコスチュームだったのが、カーエレクトロニクスの総合メーカーであるデータシステムだ。

 トップスはビキニに近く、胸元を強調するデザイン。ボトムは複層構造のミニスカートだ。ポイントは、手首からヒジ上までを覆うアームカバーとミニスカート内側のレース。白地にアクセントとして紫という配色も、あまりほかでは見ない組み合わせなので来場者の目を引きつけていた。

sn171128-03-14.jpg

 

清楚なイメージのデンソー

 トヨタグループに属するカーエレクトロニクス系の総合メーカー・デンソー。トヨタと雰囲気を合わせたのか清楚なイメージを採用しており、袖はないものの、肩や首元を覆うゆったりとしたワンピースをコスチュームとして採用していた。

 配色に関しては同社もまた自社ロゴをイメージしており、白地に赤の組み合わせ。正面から見ると純白だが、側面や背面からから見ると、一部に赤が使われているのがわかるデザインだった。

sn171128-03-15.jpg

 

ほかにない雰囲気を醸し出していた豊田合成

 サプライヤー前編の最後に紹介するのは豊田合成。

 コンパニオンといえば立っているのが当たり前で、せいぜい受付担当が腰掛けているぐらい。そんな中、デモの一環ではあるが、自社の技術をアピールするために作られた、ソファーのようなゆったりとした深いシートに腰掛けているという、レアなアピールの仕方をしていたのが同社である。しかもショートのワンピースなので目が奪われる! サプライヤー前編で記者イチオシのコンパニオンだ。

 配色はこちらもまたトヨタ系列であることからか、白が基調。脇にシルバーがあしらわれていた。

sn171128-03-16.jpg

2017年11月29日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

コンパニオン系の記事が盛りだくさん! 記事一覧はこちらから!

sn170929-01.jpg

この記事をシェア

  

応募する

応募はこちら!(2月29日まで)
応募はこちら!(2月29日まで)