2022年10月31日 06:00 掲載

旧車 【旧車トリビアクイズ】スバル360のCMで使われたキャッチコピーとは?


文=高田ひかる 写真=SUBARU

1959年の「スバル360」のCM。

1959年の「スバル360」のCM。

【正解】2.おくさま

 世間でフラフープが流行した1958年に、富士重工から発売された「スバル360」。航空機作りの技術を生かし、クルマのフレームではなく外板に強度を持たせることで、安全性の確保と軽量化を実現。乗り心地のよい4人乗りの量産型軽乗用車として発売され、それまでは遠い存在だったマイカーを身近にした。富士重工は、2017年に社名を「SUBARU」に変更している。

 発売から9年後の1967年に放送されたCMでは、子供と買い物に来た母親が、「スバル360」を街で見かけて欲しくなるというストーリーで放送された。「奥様、スバル奥様になりませんか?」というナレーションが印象的だ。

 1960年代に未婚の女性の間で、結婚相手に求める理想の条件として「家つき、カーつき、ババア抜き」という言葉が流行した。これは、家とクルマを持っていて、姑がいない男性を指す。それまでは男性の趣味だったクルマが、一家に一台に移り変わろうとしていた時代に、女性をターゲットにしたこのCMは画期的だった。

ライターお勧めの関連記事はこちら