2018年08月24日 01:00 掲載

ニュース・プラス 2019年、ついにWRCラリージャパンが復活か。日程は?開催地は?最新情報を一挙公開!


JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

np180822-01-00.jpg

WRC世界ラリー選手権第9戦のラリー・ドイチェランドで激走する、トヨタ「ヤリスWRC」(日本名「ヴィッツ」)。

 WRC世界ラリー選手権で、TOYOTA GAZOO Racingが上り調子だ。8月16~19日に開催された第9戦ラリー・ドイチェランドでは、前戦ラリー・フィンランドに続き、オット・タナックが2連勝。今季3勝目を挙げた。トップとは36点差の136点で3位につける。WRCは1戦で最大30点の獲得が可能なことから、2018王者の可能性も大いに出てきた。

 そしてTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamもタナックの活躍により大量得点で241点となり、2位に浮上。1位のチームの13点ビハインドという、射程に捉えた状況だ。

WRC日本ラウンド開催の可能性はどうなっている?

 そんな日本のラリーファンにとっては大変嬉しいムードが漂う中、8月22日に開催されたのが、WRC世界ラリー選手権 日本ラウンド招致準備委員会による招致活動報告だ。まず、JAFを通じてFIA(国際自動車連盟)に対し、WRCの日本開催のカレンダー申請を行ったことが報告された。

 併せて、国内プロモーターであるサンズ社が、WRCを運営するWRCプロモーターGmbH(ドイツ・ミュンヘン)と、WRC日本ラウンドの興業に関する契約である「Event Promotion Agreement」を締結したことも発表された。契約期間は4年間で、FIAによりWRC日本ラウンドが2019年カレンダーに加わることが決定した場合には、2022年までの4年連続での開催になるという。

 ただし、WRCプロモーターGmbHと契約したからといって、2019年のWRC日本ラウンドが決定したわけではない。年間の開催数を無制限に増やせないところに、WRCは人気イベントのために日本以外にも手を挙げている国があり、開催枠の奪い合いとなっているのだ。

 このあと、11月にはFIAの視察団が来日するが、どれだけ開催条件を整えているか最も評価された国がカレンダー入りできる。FIAからの正式発表は12月。吉報を期待して待とう。

WRC プロモーター GmbHのマネージング・ディレクターのオリバー・シースラ氏の締結に関するコメント。

→ 次ページ:
日本ラウンド招致成功のカギを握るのはこの4人だ!?