2017年03月22日 10:00 掲載

ニュース・プラス 日比谷線新型車両「13000系」
操舵台車で快適度アップ!
3月25日から本格運行。


np170315-02-01.jpg

29年ぶりに東京メトロ日比谷線に導入される新型車両13000系。現行の03系は2020年度中に引退となる。

 東京メトロ・日比谷線といえば、六本木や霞ヶ関、銀座、秋葉原などを経由して中目黒~北千住間をつなぐ地下鉄だ。

 東京オリンピックに備えて着工されて1961年に南千住~仲御徒町間で部分開業となり、64年に全線開通。東京メトロの中では銀座線(27年に浅草~上野間が部分開業、日本最古)、丸ノ内線(霞ヶ関~新宿間が54年に部分開業)に次いで3番目に歴史のある路線である(東京の地下鉄としては、60年に都営浅草線が押上~浅草橋間で部分開業しているので4番目)。

 その日比谷線に、88年から導入されている現行車両の03系に替わり、29年ぶりとなる新型車両「13000系」が導入される。

 2016年12月23日から25日まで、同新型車両は日比谷線内で特別運行されており、いわば一般へのお披露目はすでに済んでいるが、この3月25日からは北千住駅から先の相互乗り入れをしている東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)との直通運転も開始となり、いよいよ本格運行されることになる。

np170315-02-02.jpg

13000系の車内。手すりが曲線を描いており、銀座線の新型1000系の車内のデザインと似ている。

→ 次ページ:
13000系の特徴に迫る!