2016年06月12日 01:01 掲載

ミュージックメイト 第3回 歌は語る

〈課題曲〉
『岬めぐり』


16M7music_top.png

2015年にJAFとTOKYO FMが行なった『思い出すDrive あのキョク!! アンケート』の上位にランクインした曲の中から課題曲を選び、その曲をよりうまく歌うためのコツをナビゲートするミュージックメイト実践編。

今月は、アンケート第9位のフォークソングの名曲、山本コウタローとウィークエンドの『岬めぐり』です。

ejison16M5_02.png

歌は語る

16M7music_a.png

フォークソングは迫力や豪華さよりも、素朴さやピュアな感情表現が魅力です。そうした魅力を歌で表現するには力を入れすぎないこと、上手に歌い上げようとしないことがポイントとなります。

『岬めぐり』もそうですが、それ以外の多くの曲でも、サビに行くまでのパートは情景描写や登場人物の内面が歌詞になっている場合が多く、むしろ、抑揚をつけないで淡々と歌うくらいの意識で歌ったほうが聴いている人に歌の心情が伝わります。歌詞がスムーズに伝わり、聴く人に想像させる部分が多くなるからです。ムダな抑揚やクセなどをつけずに、歌うというよりは語りかけるように歌うことを心がけてください。

→次ページ:サビは小細工をせずに地声で